2017年09月25日

石原純と原阿佐緒の保田への逃避行

かって保田には多くの文人がいました。
東北大学物理学教授の石原純と女流歌人の原阿佐緒も保田に在住していました。

アララギ派の歌人で、アインシュタインの相対性理論の日本への紹介者として知られた東北大学物理学教授・石原純は、女流歌人の原阿佐緒と恋に落ち、その地位も妻子も投げうって、大正10年(1921)保田に逃避行してきました。このスキャンダルは、当時一大センセーションを巻き起こしました。

松音楼(昭和に、線路脇にありました)に投宿した二人は、やがて保田小学校裏山に、洋館の新居を建て、そこに移り住みました。家はその頃出た純の詩集からとって、「靉日(あいじつ)荘」=「阿佐緒は紫花山房と呼んでいた」と呼ばれました。まるでオシドリのように仲むつまじく、地元の人たちへの短歌会を開いたりして、保田には多くの文化人が集まるようにもなりました。

しかし昭和3年、二人の愛は破局を迎え、7年間過ごした靉日荘から阿佐緒は去りました。
純は昭和22年、交通事故がもとで、靉日荘で亡くなりました。靉日荘は昭和44年に取り壊されています
(鋸南町歴史・文化案内書)

isiharajyun.jpg
(石原純と原阿佐緒)

haraasao.JPG
(保田小学校裏山にあった靉日荘)

--暖国(石原純)--

ほかほかとけふは暖かい
暖国の空のいろの
明るくふかいなかを
ゆたかな心で 私たちは歩いた
菜の花がもうすっかり黄色い
浜辺の静かな町の
砂ぶかいさくさくした路を
私たちは連れだってゆく
垣根に椿の花があかい

原阿佐緒記念館
「恋愛事件」 石原純
kikaku_8_01.jpg
原阿佐緒が「恋多き女」のイメージを強く持たれるのは、この石原純との「恋愛事件」があったためだろう。
阿佐緒と石原純の出会いは、大正六年に阿佐緒が東北帝国大学病院に入院した時であった。石原は東北帝国大学で教鞭をとる物理学者であると同時に、歌人であった。石原は学生時代に正岡子規の「歌よみに与ふる書」に影響を受け、伊藤左千夫を訪ね「馬酔木」に参加、「馬酔木」廃刊後は「アララギ」創刊時より参加し同人の一人として活動した。いわば「アララギ」の重鎮であり、仙台での「アララギ」の活動の中心人物であった。

阿佐緒も大正二年より「アララギ」に入社し、多数の短歌を誌上に発表していたことから、同結社で活動する歌人同士として石原は阿佐緒を見舞ったのである。このことを切欠に、阿佐緒は石原の家で行われた歌会へ足を運ぶようになった。また手紙のやり取りも始まり、大正八年に長男千秋の進学のために仙台へ居を移すと石原はしばしばそこを訪れたりもした。しかし阿佐緒にとっての石原はあくまで短歌の尊敬すべき先輩であり、恋愛の対象ではなかったのである。

いつしか石原の気持ちは歌人同士の繋がりの域を越え、それを率直に阿佐緒に伝えるまでに至っていた。しかし、阿佐緒はその求愛を受け入れようとはしなかった。一説には阿佐緒には別に愛する男性がいたからだとも言われている。また、当時石原には妻と子ども達がいた、と言うこともあったであろう。過去においての過ちを再び繰返したくないとの気持ちもあったかもしれない。阿佐緒は石原の求愛を避けるために仙台から宮床へと帰った。しかし石原はその宮床へも足を運ぶようになったのであった。阿佐緒は再び石原から逃れるため旅立った。行先は東京、親友の歌人、三ヶ島葭子を頼っての上京であった。葭子の家に寄宿し、しばし穏やかな生活を送っていた阿佐緒であったが、そこに講演のため上京した石原が訪れた。石原は三ヶ島葭子夫妻を説得し、阿佐緒に自分の求愛に答えるように働きかけたのである。この執拗なアピールに遂に阿佐緒は石原の愛を受け入れるに至った。

しかし、この二人の関係はすぐにアララギの関係者たちの知る所となった。島木赤彦、斉藤茂吉らが石原と阿佐緒のもとを訪れ、二人の関係を清算するよう説得を行った。大学教授であり、アララギの中心メンバーである石原が、妻子をも捨てて阿佐緒のもとへ走ったことは道義的に、また「アララギの歌人」としても許されるものではなかったのである。だが石原はこれを全く受け入れなかった。結果、阿佐緒はアララギを破門され、石原もアララギを離れざるを得なくなったのであった。

大正十年七月末、新聞各紙は一斉に阿佐緒と石原純について報じた。
「高名の物理学者情熱の歌人と恋の噂」
「歌人原阿佐緒との恋愛で東北大教授を辞職」(東京朝日新聞)
「女歌人との関係から石原博士遂に辞職」(読売新聞)
「物理学会の権威石原博士辞職 『新しい女』に禍して」(日刊山形)
「病気に堪へずとて辞表を提出した石原博士 原阿佐緒女子との経緯が直接原因」(河北新報)

記事の内容は、石原が東北帝国大学の学長に辞表を提出したこと、そしてその原因が原阿佐緒にあるとするものだった。阿佐緒は石原を誘惑した「悪魔」であり、異性を誘惑せずにいられない気質であると報じたのだ。
阿佐緒にとって思いもかけない報道であった。社会的地位のある男性を誘惑した悪女として一方的に糾弾されたのである。阿佐緒は事の顛末を、親友三ヶ島葭子は阿佐緒を擁護する文章を雑誌上に発表するが、それは報われることはなかった。

大正十一年、石原と阿佐緒は千葉県保田に「靉日荘」と呼ばれる洋館を建築、移り住んだ。海辺のこの洋館で石原は執筆に、阿佐緒は歌作や絵画の制作に励み、また三ヶ島葭子や古泉千樫、結城哀草花らの歌人が集い、仲睦まじい満ち足りた暮らしがあったかに見えた。しかし、阿佐緒にとっては必ずしもそうではなかったのだ。石原は阿佐緒に金銭の自由を許さなかったと言われている。年老いた母や子ども達に会うために故郷に帰ることも、親友三ヶ島葭子の葬儀に駆けつけることも許さなかった。また石原は別の女性に目を向け始めていた。この生活に耐えられず、阿佐緒は一人靉日荘を飛び出し、故郷へ向ったのだった。昭和三年のことだった。

kikaku_8_08.jpgkikaku_8_09.jpg
展示物写真原阿佐緒と石原純連盟の手紙
posted by らかん at 19:57| Comment(0) | 保田の歴史、文化

2017年09月20日

どの魚もお勧めです!秋になり脂がさらにのってきました!

鋸南町の気温は25℃ 曇り
※26,27,28日休業致します。

野山の葉も色づき始め実りの秋を迎えますが海の中も同じく実りの秋を迎えます。どの魚も脂がのって旨味が増しています。

20170826_sawaraFB01.jpg
(サワラ)

aji03.jpg
(アジ)

20170906_kisu0.jpg
(キス昆布締め)

hamaguri00.jpg
(ハマグリ)

kuroawabi003.jpg
(アワビ)

20170906_ika0.jpg
(ダルマイカ)

20170906_tako0.jpg
(地たこ)

kuromutu10.jpg
(クロムツ)

kamasu3.jpg
(カマス)

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

メジマグロ、カマス、アワビ、サワラ、トコブシ、クロムツ、タチウオ、真鯛、花鯛、金目鯛、カツオ(勝浦産)、アジ、イワシ、コハダ、地たこ、ダルマイカ、煮アナゴ、煮ハマグリ、サザエ、赤貝、自家製玉子焼き、ウニ、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。
TEL:0470(55)1004
連休中は、魚介が不足しますので、ご予約のお客様を優先させて頂きます
定休日は毎週木曜日です。(祝日の場合は営業)
※9月26,27,28日休業いたします。
午後6時以降にご来店の方はご予約をお願いします。
Facebookもよろしくお願いします。
タグ:アジ
posted by らかん at 07:52| Comment(0) | 本日の寿司種

2017年09月15日

メジマグロとミサゴずしの伝承

鋸南町の気温は23℃ 曇り
※9月16、17日は保田地区祭礼です。

メジマグロ 保田産
スズキ目サバ亜目サバ科

このメジマグロは、保田産の釣りのメジマグロです。天然マグロですから、養殖マグロとは違った、天然クロマグロの味覚を味わうことが出来ます。

20160921_meji4.jpg


肉食魚でイワシ類、カツオやイカ類などを食べながら回遊し、運動量もあるので小さいですが身は程よく締まって軟らかさもあり、脂も程よくのっています。

20160919_mejimaguro.jpg

20160921_meji5.jpg

古代日本のすしの話
ミサゴずしの伝承 篠田統著

「日本書紀」景行紀の時世第53年東国に幸したとき、泡(安房)の海峡を上総へと渡ろうとすると、ミサゴの鳴く声がした。どんな形の鳥だろうかと追っていくと、途中で海の中に白蛤(うむき)があるのが見つかった。磐鹿六雁(いわかのむつかり)が即席にその白蛤を膾(なます)に作って進献したので天皇は喜び六雁に膳大伴部を賜わったとある。

Osprey_mg_9605.jpg

ある人は、この記事をもって我が国最初のすしの記載だとするが、それは誤りで本文は膾を言っているにすぎないことは一目して明らかだろう。しかし、注意したいのは、それがすしにまれ、膾にまれ、水産物の加工にミサゴが顔を出していることだ。

後世になると、このミサゴをば、すしの発明者とする。この鳥が海中の魚を取ると巌の上の自分の巣にためておく(念のいったのは、その魚に自分の尿を掛けておくとまで言われる)と。これに、海の塩水が掛かり、いつしか馴れてすしが出来るというのだ。

この考えは江戸期の都人士に大いにもてはやされ、喜多村信節は名著「嬉遊笑覧」(文政13年、1829)の中でいろいろ諸説を比較考証しているし、ややさかのぼって伊勢貞丈の「安斎随筆」(宝暦中、1760ころ)になると丹後の人が現に食べてきたという実験談まで載せている。

さらに古く、小野必大の「本朝食鑑」(元禄8年、1695)は漁人が取って食うが「たいしてうまくない。ただ食えるというだけだ」とまことしやかに伝え、石田未得の「吾吟我集」(慶安2年、1649)に

石がれい石もちなどと重ねつつ
 みさごの鮓のおもしにやする

と見えるから、この伝説は江戸初期までもさかのぼれる。このような、いわば生物学の素人連のみならず、専門家中の専門家ともいうべき江戸第一の本草学者小野蘭山さえ、その「本草網目啓蒙」(文化3年、1806)で、

スシト言是冬ノ貯ヘナリ人コレヲ取ニ重ネタル下ノ魚ヲ取バ追々新ニ魚ヲ含来リヌ積重ヌ若積タル上ノ魚ヲ取バ含来ラズ(中略)此等ノ鮓己ニ久クナリタルモ腐ラズ人取テ賞食ス

と言っている。もと、「本草網目啓蒙」は明の李時珍の「本草網目」の注釈であるから、原本にこんな与太話が出ているのかと、魚鮓や山禽類鳥の章を検してみると、ミサゴずしには爪の先ほども触れていない。
江戸時代の物知りの種本なる同じく明の謝肇淛の「五雑組」を調べてみたがそれにも出てこない。結局、室町時代末か江戸時代初期からの和製伝承だと思うがそれ以上は知らない。

だいたい、魚のようなたんぱく質を塩と一緒に漬けて置いたら、よほど油の濃いものでない限り、自家消化でアミノ酸が遊離してきて塩辛にこそなれ、酸しと言われるほど有機酸が生成するはずはなく、魚油が分解したなら一応酸味はできようが、舌をさすような味で食用にはなりそうにもない。どうも、ミサゴずしの話は都人の几の上での創作のように思える。

「蛸竹」の阿部老人は別の伝承を話された。淡路に老夫婦がいて、いつも自分たちの残飯をミサゴにほどこしていた。この残飯とミサゴが取ってきた魚と、海の塩水とですしができたのだという。これなら理屈は一応は通る。しかし、バリバリの肉食鳥なるミサゴに海岸住まいの人間が米の飯をやるなんて、そもそもからおかしい。飯がはいらぬと酸くならないことに気が付いた誰かが旧来の伝承の「合理化」を試みたのではあるまいか。

いずれにせよ、こんな話をいくらほじくり回してもキリが無い。ただのお話として片付けて置く方がよさそうだ。私自身、日本のすしは悠久の昔に大陸からイネが渡来したとき、それと一緒に伝わった魚類加工法の一つだと考える。

元来は山奥のもので、川魚を材料にしていた事は今までに述べてきた。【延喜式】にきめられたすしを貢納する国々を地図でみると、北九州に始まって順次東方へと、イネの伝播経路に沿い、アユが産出するほどの大きな川のあるところに沿っている事がわかる。それが、馴れずしから生成や早ずしが生まれてくると、日本人の魚好きと相まって真新しい海魚のすしも漬けられ、ついには生魚そのものが握られるようになったものだろう。

大宝2年(702年)施行の大宝令は今日全文は伝わらないが、その第一次改訂なる『養老令』が残っているし、『令義解』、『令集解』などの令文の注釈書などによっても原型をだいたい復元できる。その中の【賦役令】の中に、若し雑物を輪するならば・・・鰒鮓二斗、貽貝鮓三斗・・・雑鮓五斗近江鮒五斗・・・の文がある。義解には注を施し「鮨は鮓のことなり」といっているが、令のころはすしには正字である鮓の字のほうが多く用いられていた。とまれ、記、紀、万葉にはすしの記事が見えないから、この一条はわが国のすしに関するいちばん古い文献だといえよう。

イガイやアワビは分かるが、雑鮨とは何だろう。正倉院文書の一つである「但馬国正税帳」(739)によると、難波宮造営の為はるばる但馬国から駆り出された人夫たちの食糧として「雑鮨五斛」が与えられている。どうも川雑魚のすしらしい。(続)
(すしの本、篠田統著より)

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

メジマグロ、カマス、アワビ、サワラ、サバ、サヨリ、シンコ、トコブシ、クロムツ、タチウオ、真鯛、花鯛、金目鯛、カツオ(勝浦産)、アジ、イワシ、コハダ、地たこ、ダルマイカ、煮アナゴ、煮ハマグリ、サザエ、赤貝、自家製玉子焼き、ウニ、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。
TEL:0470(55)1004
連休中は、魚介が不足しますので、ご予約のお客様を優先させて頂きます
定休日は毎週木曜日です。(祝日の場合は営業)
※9月26,27,28日休業いたします。
午後6時以降にご来店の方はご予約をお願いします。
Facebookもよろしくお願いします。
posted by らかん at 09:56| Comment(0) | 寿司の歴史と雑学