2018年01月30日

内湾のサワラは、上品な脂で甘み旨味が極上です。

鋸南町の気温は2℃ 晴れ

金谷産のカンサワラ(寒鰆)
スズキ目サバ亜目サバ科

内湾のサワラは、水温の低下とともに、今まで以上に脂がぐっとのってきました。寒くなると脂がのって甘みが増す今の時期のサワラをカンサワラ(寒鰆)といいます。上品な脂で甘み旨味が極上です。

さわらsusi1.jpg
(寒サワラ寿し、脂がのっています)

特に寒鰆は脂の乗ったサンマやイワシを餌に成長するので、EPAやDHAが非常に多くDHAはサンマより多く栄養価が高いです。脂肪が14〜16%もあり、インドマグロの様にトロリとした食感と旨味があります。

さわらsusi1.jpg
(寒サワラ寿し、脂がのっています)

旨味であるエキス分中の窒素量が、タイやヒラメに匹敵するくらいに多く含まれます。また、アミノ酸の中のヒスチジン(食欲を抑制する効果がある)もサバと同じくらい多く含まれ、肝細胞を再生する働きがあるといわれるタウリンはタイよりも多く含まれます。そして、旨味や味わいの成分といわれる、イノシン酸やカルノシン、カルニチンなどの物質も多く含まれます。美味しいはずです。

さわら470.jpg
(前後に細長い体型で、左右に平たい。サワラは「狭腹」の意)

一匹の 鰆を以って もてなさん     高浜 虚子

kansawara2.jpg
(口は大きく、顎には鋭い歯があります、口を閉じていてお見せできません)

kansawara3.jpg
(体色は背側が青灰色、腹側が銀白色で、体側には黒っぽい斑点列が縦方向に7列前後並ぶ)

20170201_094831.jpg

さしみ1.jpg

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

サワラ、カンパチ、クロムツ、ハマグリ、タチウオ、フグ、カワハギ、花鯛、真鯛、甘鯛、金目鯛、煮アナゴ、アンキモ、ヤガラ、ヒラメ、アワビ、アジ、生サバ、締めサバ、イワシ、コハダ、地たこ、アオリイカ、ダルマイカ、赤貝、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※午後7時以降のご来店はご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。

posted by らかん at 07:30| Comment(0) | 本日の寿司種

2018年01月28日

天然クロアワビは蒸すと味が濃くなり格別に旨い!

鋸南町の気温は2℃ 晴れ
※水仙の花は先日の降雪により残念ながら見頃は終わりました。

アワビ(鮑)

アワビは養殖が盛んですが、天然のアワビと比較すると天然物はしっかりとした歯ごたえがあり、味わいも濃いです。

kuroawabi002.jpg
(蒸しアワビの肝のせ寿し)

アワビはワカメやカジメなどの海藻をエサにするので、海藻の栄養素がそのまま凝縮されてアワビの栄養分となります。低脂肪・高たんぱく・低コレストロールで低カロリー、ミネラル類が豊富(銅、亜鉛、鉄分、マグネシウム)で、コラーゲンが非常に豊富です。さらに、タウリン、カリウム、ビタミンA・B・Cが豊富に含まれてまさに栄養の宝庫です。

kuroawabi003.jpg
(蒸しアワビの肝のせ寿し)

アワビは、蒸すと軟らかくなり非常に美味です。特に固いアワビが苦手な方にはとても喜ばれます。

kuroawabi001.jpg

アワビは熱々の状態で召し上がる場合は、サッと熱を通しただけで軟らかくなりますが、寿しで供する場合は、冷めてからが勝負なので冷めても軟らかく仕上げることが大切です。是非、生の味わいとは違う、口の中に広がるふくよかな磯の香りを味わってください。

awabi.jpg
(蒸しアワビの寿し)

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

クロムツ、アオヤギ、ハマグリ、タチウオ、シマアジ、フグ、カワハギ、真鯛、甘鯛、金目鯛、煮アナゴ、アンキモ、メジマグロ、ヤガラ、ヒラメ、アワビ、トコブシ、アジ、サバ、イワシ、コハダ、地たこ、アオリイカ、ダルマイカ、スズキ、赤貝、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※午後7時以降のご来店はご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。

タグ:アワビ
posted by らかん at 08:49| Comment(0) | 本日の寿司種

2018年01月26日

黒ムツ(保田産)に脂がのって美味。

鋸南の気温は2℃ 晴れ
※水仙まつりの期間中ですが雪の影響で水仙の花の見ごろは終わりです。

黒ムツ(黒鯥)
スズキ目ムツ科ムツ属

黒ムツは肉食で、稚魚期は動物性プランクトンをエサにしているが、体長4〜5cm頃から他魚種の仔稚魚や小型の甲殻類をエサにして成長するので、味が凝縮され非常に美味。本日のクロムツは、保田産のクロムツです。脂がのっています。

kuromutu470.jpg
(クロムツ寿し)

470bkurpmutu.jpg
(クロムツ寿し)

 寒ムツの 眼を寄せて 煮られけり      穏 亭

と、詠われるように、ムツは寒ムツと呼ばれる寒中から2月頃までが旬といわれますが、東京湾で獲れるムツは温暖な黒潮の影響で冬でも暖かで、豊富なプランクトンがある深層海流で育っているので、一年中脂がのって美味しいです。環境が美味しい魚を育み、歯ごたえのある中トロのような味覚です。脂肪がのっているけど、味は淡白で美味。大変人気があり、タイの代わりにもなる味です。

kuromutu470blog.jpg
(立派なクロムツ)

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

クロムツ、アオヤギ、ハマグリ、タチウオ、シマアジ、フグ、カワハギ、真鯛、甘鯛、金目鯛、煮アナゴ、アンキモ、メジマグロ、ヤガラ、ヒラメ、アワビ、トコブシ、アジ、サバ、イワシ、コハダ、地たこ、アオリイカ、ダルマイカ、スズキ、赤貝、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※午後7時以降のご来店はご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。
タグ:クロムツ
posted by らかん at 09:42| Comment(0) | 本日の寿司種