2018年07月13日

金谷産のサワラに脂がのってきました!

鋸南町の気温は28℃晴れ

金谷産の鰆(サワラ)
スズキ目サバ亜目サバ科

瀬戸内海、関西地方では、産卵のために瀬戸内に入る「春」がもっともサワラがとれる時期なので、「魚」偏に「春」と書き、旬は春とされていますが、東京湾は産卵後の海水温の高い時を除き1年中美味しく、最も脂がのるのが海水温が低下する時です。春鰆は関西で好まれ、寒鰆は関東で好まれるのはその由縁です。4月5月初旬は産卵期で味が落ちていましたが、段々と脂がのってきました。

20170826_075240_470.jpg
(サワラ寿し)


sawara001.jpg
(サワラ寿し)

サワラはタンパク質が豊富で、脂質も適度にあります。脂質には高血圧を予防したり、LDL(悪玉)コレステロールの低下させるオレイン酸が100gあたり2300mg含まれます。また、カリウムの含有量が多いのが特徴です。カリウムは体内の余分なナトリウムを尿とともに排泄するので、高血圧の方は摂りたい栄養分です。

20170826_075240_470.jpg

関西や西日本方面から見えるお客様は、サワラを寿司で食べたことが無いとおっしゃる方が多いのには驚きますが、サワラは身が大変軟らかいので暖かい地方では劣化が早く、西京漬け、幽庵焼き、吸い物等に多く使われるようです。初めてサワラを生で召し上がったお客様は、皆さん一様に上品な甘さとくせの無い優しい味わいに驚かれます。新鮮なサワラの一番美味しい食べ方は、迷わず刺身か寿司をお勧めします。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

サワラ、サヨリ、シンコ、マゴチ、イナダ、イサキ、カマス、タチウオ、キス、カツオ、トコブシ、春子鯛、アオヤギ、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、カレイ、ヒラメ、アワビ、サザエ、アジ、生サバ、シメサバ、イワシ、コハダ、地たこ、ダルマイカ、ウニ(北海道、竹岡)、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※休業日:毎週木曜日
※休祝日・連休はご予約の方を優先させていただきます。
※午後7時以降のご来店はご予約をお願いします。
※6名様以上は必ずご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。

タグ:サワラ
posted by らかん at 08:23| Comment(0) | 本日の寿司種