2019年06月17日

富津産のアオヤギが旨い!アオヤギの正式和名はバカガイです。

鋸南町の気温は23℃晴れ

バカガイ・馬鹿貝(アオヤギ)

青柳(アオヤギ)は、現在の千葉県市原市が青柳村と呼ばれていた頃その場所がアオヤギの集荷場だったので、青柳という名前が付けられたということですが、正式和名はバカガイです。

aoyagi000.jpg

いつも貝殻の口を少しだけ開けてオレンジ色の斧足を舌のようにだらしなく出しているのが馬鹿っぽく見えるところからバカガイと呼ばれる由縁のようですが、寿司屋でバカガイと注文するのは何とも言いにくいところから青柳(アオヤギ)のほうが好んで使われるようになったようです。

aoyagi004.jpg

オレンジ色の斧足の部分は濃厚な味が魅力で酢の物などでも好まれて使いますが、寿司の場合はひもの部分が付いていない舌の部分だけでは価値がありません。貝柱は小柱(こばしら)やあられと呼ばれ軍艦巻きにして供されます。水管に近いほうの柱を大星、その反対側の小さな柱を小星と呼んでいます。小さいほうが値段が安いです。軍艦巻きで頂く小柱は海苔の風味と小柱のもつ青臭さが口の中に広がり小柱の繊細な噛み応えは旨味を存分に感じられます。

aoyagi002.jpg

このバカガイにもタウリンが多く含まれ高血圧が気になる方には降圧効果があるとされ好まれています。またマグネシウムの含有量も豊富です。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

黒バイ貝、アジ、アオヤギ、赤貝、アオリイカ、アワビ、イワシ、カレイ、カツオ、カスゴ鯛、コハダ、キス昆布締め、クロムツ、サザエ、サヨリ、サワラ、シマアジ、タコ、タチウオ、トコブシ、トラフグ白子、ハマグリ、ヤガラ、甘鯛、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、生サバ、竹岡産ムラサキ海胆、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(午後7時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
posted by らかん at 08:38| Comment(0) | 本日の寿司種

2019年06月15日

黒バイ貝(竹岡産)が入荷しました!

鋸南町の気温は18℃ 雨

黒バイ貝

バイ貝は、古くから巻き貝の代表的なもので『巻き貝』自体をさす言葉でもあります。国産は大変少なくなり、現在はインド産セイロンバイ、アラビア海のソマリアバイなどが市場に多く出回っています。

20170129_164128_470.jpg
(竹岡産 黒バイガイ)

IMG_20190614_144641_470.jpg

べいごまは、漢字で「貝独楽」と書きますが、この起源は本種など巻き貝の殻で独楽を作ったことにあります。貝殻が細工物に使われていたころ、とがっている部分を切り取り、そこへ鉛を流し込んで独楽としていたのです。

20170129_110056 _470.jpg

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

黒バイ貝、アジ、アオヤギ、赤貝、アオリイカ、アワビ、イワシ、カレイ、カツオ、カスゴ鯛、コハダ、キス昆布締め、クロムツ、サザエ、サヨリ、サワラ、シマアジ、タコ、タチウオ、トコブシ、トラフグ白子、ハマグリ、ヤガラ、甘鯛、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、生サバ、竹岡産ムラサキ海胆、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(午後7時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
タグ:バイガイ
posted by らかん at 06:53| Comment(0) | 酒の肴

2019年06月12日

コハダに脂がのって大変美味しいです。

鋸南町の気温は20℃ 晴れ

コハダ
ニシン亜目コノシロ科

コハダは出世魚です。関東では、シンコ(新子は幼魚で4-5cm)⇒コハダ(小鰭は若魚で6-10cm)⇒ナカズミ(11−13cm)⇒コノシロ(鮗は、15cm以上)と成長とともに呼び名が変わります。

IMG_20190412_082025_470.jpg

コハダは、江戸前すしの光り物の王道です。職人の仕込みによって味が左右されます。旨いとお客様に言っていただけるように、丁寧な仕込みを日々頑張っています。

IMG_20190412_082102_470.jpg

20170111_135527_470.jpg
(脂ののったコハダ)

今はコハダも江戸前の立派なすしダネですが、江戸時代では元来コノシロが下司の魚とされていたので、せいぜい粋にはなれても上品な代物には数えられなかったようです。

IMG_20190412_082034_470.jpg

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

アジ、アオヤギ、赤貝、アオリイカ、アワビ、イワシ、カレイ、カツオ、カスゴ鯛、コハダ、キス昆布締め、クロムツ、サザエ、サヨリ、サワラ、シマアジ、タコ、タチウオ、トコブシ、トラフグ白子、ハマグリ、ヤガラ、甘鯛、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、生サバ、竹岡産ムラサキ海胆、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(午後7時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
タグ:コハダ
posted by らかん at 08:57| Comment(0) | 本日の寿司種