2019年07月26日

タコのすしと保田妙本寺(房総里見氏ゆかりの名刹)

鋸南町の気温は25℃ 晴れ
※8月4日(日)午後3時まで貸し切りです。

マダコ(真蛸)
マダコ科

地元のマダコは一年中獲れますが春から夏が柔らかく旨味が凝縮され絶品です。タコはアワビ、サザエ、伊勢えびなど高級食材をエサにしているので甘みも濃いです。

IMG_20190329_092912_470.jpg

IMG_20190329_092801_470.jpg

保田妙本寺(ほたみょうほんじ)

保田妙本寺(ほたみょうほんじ)は千葉県安房郡鋸南町吉浜にある寺院。日興の法脈を継承する富士門流に属し、第14世・日我の教義による「日蓮本仏論」を信奉する。静岡県駿東地方に分布する富士五山や、京都要法寺、伊豆実成寺とともに、同門流の興門八本山を構成している。その他の通称としては、千葉妙本寺、安房妙本寺、吉浜妙本寺なども用いられる。

吉浜の妙本寺は、日蓮上人から四代目の日郷(にちごう)上人が、吉浜の地頭、佐々宇左衛門尉(さそうさえもんのじょう)の招きにより、建武 2 年(1335)に創建された日蓮宗富士興門派(こうもん は)の本山のひとつです。昔は富士小泉久遠寺(くおんじ)を兼務し、遠く九州にまで末寺を多く抱える寺院で、歴代の住職の中には、朝廷に宗義天奏をとげ、御綸旨(ごりんじ)を賜るなど、天皇家とも深い関係を持っており、山門には菊の御紋も掲げられています。

220px-Hota_sanmon.JPG
(保田妙本寺山門)

戦国時代には、沿岸の高台という砦のような立地条件のため、房総の戦国大名里見氏と相模の北条氏との戦いでは、しばしば戦いの拠点として利用されました。妙本寺には北条氏の制札(せいさつ)が 5 通残っていますが、これは、北条水軍がたびたび房総に攻め寄せ、妙本寺に軍を駐屯させたことを物語っています。

妙本寺は里見氏と密接な関係を保ち得ましたが、そのきっかけは、天文 4 年(1535)、里見義堯(よしたか)と妙本寺 14 代日我(にちが)上人との出会いから始まります。お互いの学徳の高さに感銘した二人は、以後深い親交を続け、里見氏の庇護のもと、妙本寺は戦国乱世を乗り切りました。義堯の死の際は、日我上人は百日法要を営み、その死を悼みました。妙本寺の裏山の海上を見渡せる場所には、里見家臣が警護番として北条軍の襲来に備え、知らせの太鼓が置かれていたため、今でも太鼓打場(たいこうちば)という地名で呼ばれています。里見氏に関する古文書も多く残され、房総の戦国期の歴史を知る貴重な資料として注目されています。

250px-Hota_kyakuden.JPG
(保田妙本寺客殿)

その他、日蓮宗関係の寺宝も多く、日蓮直筆の「愛染不動感見記」(国指定重要文化財)をはじめ、小松原法難のときの受太刀「宗近(むねちか)」、宗門最初の等身御影(みえい・日蓮上人木像)、光明天皇、後土御門天皇の御綸旨など貴重な資料を有します。これらは、年一回、10 月 15日の虫干しのときに公開されます。

妙本寺客殿の向拝(ごはい)彫刻は、宮彫師後藤家の初代、後藤義光(よしみつ)の大作。回廊天井画は川名楽山の天女図などがあり、歴史的にも文化的にも見ごたえのある寺院です。

220px-Hota_kyakudennaijin.jpg
(客殿御宝前・日興上人本尊を安置)

(鋸南町教育委員会、菱川師宣記念館 、wikより)

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

アカムツ、マゴチ、シンコ、アジ、赤貝、アオリイカ、イワシ、カスゴ鯛、コハダ、キス昆布締め、クロムツ、サザエ、サヨリ、シマアジ、タコ、タチウオ、トコブシ、トラフグ白子、ハマグリ、ヒラメ、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、生サバ、海胆、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

IMG_20190224_101317_470.jpg

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(午後7時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
posted by らかん at 08:13| Comment(0) | 保田の歴史、文化

2019年07月24日

鋸山登山で渋滞を避ける方法

鋸南町の気温は26℃晴れ

夏本番!鋸山登山で渋滞を避ける方法

休日は、鋸山登山へ向かう車で道路の渋滞もひどいものです。その原因は金谷IC利用の車と、フェリーを利用する車と、鋸山ロープウエー利用の為に駐車場へ向かう車とが重なって道路の渋滞を生み出しているのです。また、車で鋸山ロープウエー駐車場に車を止めて日本寺境内を見学すると、どうしても見学するものが保田側に集中しているので、保田側に下山となります。その後、金谷側のロープウエー駐車場に車を取りに戻る事になり慌てる方が多いのです。電車で金谷まで戻るか、再度金谷側まで登山するはめになります。車で鋸山登山の方は、保田側利用がベストです。

04092919daibutsu.jpg

連休中に来店されるお客様が道路の渋滞を避けられるように、再度過去記事をまとめました。

車で大仏下まで無料で登る方法

ここでの渋滞を避けるには、車利用の方は、保田ICで下車するのが良いです。保田IC下車後、127号線を鋸山方面に向かい、トンネル手前(トンネルを越えない)の右側に登山道入口(緑色の小さな看板が目印)がありますから、そこから無料で大仏下の駐車場まで行く事ができます。(車と人に道が別れています)※トンネルを越えると有料の登山自動車道になります。

※休日は、道の駅保田小学校の入口が混雑を生み出していますが、金谷IC下車よりはまだましです。
※道の駅保田小学校へ入ろうとする車が混雑するのは、出入り口付近に信号機が有るためです。この信号機は子供たちが安全に小学校へ渡るための信号機でした。今は車にとっては、渋滞を生み出す存在となっています。撤去か入口付近を避けた場所へ移動した方が良いです。

mujimon2-thumbnail2.jpg
(無字門)

muji.jpg
(車と人の道が分かれています)ここから登れば、大仏下の駐車場に到着後(駐車場無料)混雑を避けて登山が楽しめます。

photo03.jpg

東京湾を望む展望台へ行く方法

20141227-31.jpg
(東京湾を望む展望台)

東京湾を望む展望台に行きたい方は、日本寺公式サイトにのっているマップ通りに行ってはいけないという事です。境内出入口(管理所) は全部で5か所あります。東京湾を望む展望台(地球が丸く見える展望台)は、管理所で拝観料を支払わずに行けます。つまり、日本寺の境内には東京湾を望む展望台(地球が丸く見える展望台)はありません。東京湾を望む展望台(地球が丸く見える展望台)は境内外にあります。

車力道コースは鋸山の切り立った岩肌の下を散策する約6Kmのコースです。「車力道」は、昭和61年頃まで石切り職人が山の石を下ろした道です。一番の見どころは、鋸山の「地獄のぞき」を下から見上げた景観です。切り立った石切り場の跡や洞窟、緑鮮やかなコケで覆われた石の車力道をめぐる美しいハイキングコースです。このコースなら、東京湾を望む展望台(地球が丸く見える展望台)へ行けます。展望台を見てから、地獄のぞきや百尺観音を見学したい場合は下山途中に北側管理所がありますからお金を払って見学してください。地獄のぞき等はもう見学しない方は、管理所を通過しなければ拝観料は不要です。

下記のJR企画のマップの登山コースは、金谷側から登山して、展望台や管理所にて入場料を払って日本寺境内の大仏等を拝観しながら保田側に下ってくるコースです。
鋸山ハイキングmap.pdf
(JR企画の駅からハイキングマップ)

房総タウン.COM

千葉県のHPには、26.東京湾を望むみちで、この展望台が紹介されています。
26-1.jpg

JR浜金谷駅から鋸の刃のような稜線を望みながら街並みを抜け、観月台と向かいます。ここから展望台までは急な登り坂が続きますが、途中、石切場跡や洞窟、緑鮮やかなコケ石など見所は沢山あります。
石切場跡地周辺の池にはモリアオガエル等が生息し、5〜7月頃には周辺の木の先に白い泡に囲まれた卵塊を見つけることもできます。展望台から鋸山山頂、林道口まではアップダウンが続きますが、林道口からJR保田駅までは緩く長い下り坂を歩きます。
健脚向きのコースですので、下準備を十分にしてお出掛けください。
(アップダウンがかなりあります)

コース概要
course26.jpg
image003.jpg
naturepath26s.pdf
東京湾を望むみちコースマップ(低画質)(PDF:454KB)

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

アカムツ、マゴチ、シンコ、アジ、赤貝、アオリイカ、イワシ、カスゴ鯛、コハダ、キス昆布締め、クロムツ、サザエ、サヨリ、シマアジ、タコ、タチウオ、トコブシ、トラフグ白子、ハマグリ、ヒラメ、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、生サバ、海胆、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

20160611_085950 _470.jpg

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(午後7時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
タグ:鋸山
posted by らかん at 09:31| Comment(0) | 鋸山登山

2019年07月17日

本日の寿司種と浮島伝説

鋸南町の気温は24℃ 曇り
※21日(日)臨時休業致します。

毎日雨ばかりで、気も滅入ってしまう毎日ですが、美味しい魚を食べて元気に過ごしてください。梅雨明けは今月末のようです。

20160611_085950 _470.jpg

IMG_20190406_113219_470a.jpg

IMG_20190604_095621_470.jpg


浮島伝説(ヤマトタケルと景行天皇)

Uki-Island_.jpg
(浮島・千葉県安房郡鋸南町沿岸の東京湾にある島)

勝山海岸から1.1キロメートルの距離にあり、周囲は792メートル、高さ60メートルあり、6,216坪の面積がある。島内には浮島神社があり、毎年7月第2土曜日に祭礼があり、翌日の日曜日には島渡しが行われる。 大ボッケ、小ボッケと呼ばれる二つの属島がある。これらはかつて浮島と一つの島だった。

--浮島伝説--

勝山沖にある浮島(うきしま)は、古代ロマンに満ちた伝説が伝わります。その昔、大和朝廷から東国平定を任された景行(けいこう)天皇の皇子、ヤマトタケルノミコトが、相模から内海(現在の東京湾)を渡ろうとすると、突然の大嵐で、船が沈みそうになりました。その時、妃のオトタチバナヒメが身代わりに海に身を投げて、海神の怒りを鎮め、無事房総に渡ることができたのです。ヒメのなきがらが流れ着いたのが、勝山海岸にあるみさご島と言われます。

東国平定を成し遂げたヤマトタケルの死後、父の景行天皇は、同じ旅路をたどり、浮島に来ました。浮島がとても気に入った天皇は、しばらく滞在したといいます。

この時、天皇に同行していたイワカムツカリ(磐鹿六雁命)が、浜辺でとれた大きな蛤や、角で作った弓の先で釣り上げた堅魚(鰹)を料理して天皇に差し上げたところ、たいそう喜ばれ、以来、天皇家の料理番となりました。のちに料理の神様としても祭られるようになりました。勝山は日本料理文化の発祥地でもあります。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

アカムツ、マゴチ、シンコ、アジ、赤貝、アオリイカ、イワシ、カスゴ鯛、コハダ、キス昆布締め、クロムツ、サザエ、サヨリ、シマアジ、タコ、タチウオ、トコブシ、トラフグ白子、ハマグリ、ヒラメ、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、生サバ、海胆、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(午後7時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
posted by らかん at 10:27| Comment(0) | 保田の歴史、文化