2019年07月08日

ハマグリ(九十九里産)を軟らかく仕込んであります!

鋸南町の気温は19℃ 曇り
※21日(日)臨時休業致します。

煮ハマグリ(煮蛤)

ハマグリも国産は少なくなり輸入物が多く出回っていますが、国産(地ハマ)の物は味も噛みごたえも違い旨味が濃いです。当店では九十九里産のハマグリを提供させていただきます。軟らかく仕込んであり、大変人気が高いです。

20170303_080424_470.jpg
(煮ハマグリ寿し 九十九里産)

hamaguri470.jpg

ハマグリ.jpg

ハマグリは、鉄分やカルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル分が豊富で、タウリンも含んでいます。貧血や骨粗鬆症の不安に悩まされる方には是非お勧めします!

鋸南町には源頼朝が上陸したとされる場所に石碑が建っています

治承 4 年(1180)伊豆で流人生活を送っていた源頼朝は、平家打倒をかかげ挙兵しましたが、石橋山の戦いで大庭景親(おおばかげちか)に敗れ、真鶴(まなづる)崎から海路安房に落ち延びました。『吾妻鏡(あずまかがみ)』によると 8 月 29 日、「安房国猟島(りょうじま)」に着いたと記されています。これが現在の鋸南町竜島とされ、昭和9年 に千葉県指定史跡に指定されました。先着していた北条時政に出迎えられ、わずかな供で竜島に上陸した頼朝は、神明社に落ち着き、安房の豪族たちに味方になるよう書状を送ります。

yoritomo0.jpg

9 月 3 日、房総一の勢力を誇る上総介広常(かずさのすけひろつね)の館(一宮町)に向かうため竜島を出発。吉浜から江月、大崩の山路を越え、長狭郡貝渚(かいすか・鴨川市)に出ましたが、その夜、平家方の豪族、長狭常伴(ながさつねとも)の襲撃を受けます。これを撃退したのが鴨川の一戦場(いっせんば)で、頼朝が難をのがれて隠れたのが、仁右衛門島と言われています。

石橋山の戦い.png

その後、参着した安房の豪族、安西景益(あんざいかげます)のすすめで、外房を南下して安西館(南房総市三芳)へ入りました。ここで頼朝は、各地の豪族へ書状を書いたり、付近の神社などに戦勝祈願をしたりして過ごし、9 月 13 日、多くの味方を得た頼朝は、安西館を出発し上総へ向かいます。そして房総半島を北上して鎌倉へ入りました。

yoritomo.jpg

上陸してからわずか 14 日間で、敗軍の将、頼朝は、房総の豪族たちを味方にし、一大勢力となります。そして、ついに平家を滅ぼし、鎌倉幕府を開きます。頼朝にとって再起の一歩となった竜島は、その後の日本の歴史にとっても重要なターニングポイントとなったのです。鋸南町をはじめ、房総各地には頼朝伝説として語られるさまざまな伝説が残されています。
(鋸南町歴史・文化案内書)

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

マゴチ、シンコ、メジマグロ、アジ、赤貝、アオリイカ、イワシ、カスゴ鯛、コハダ、キス昆布締め、クロムツ、サザエ、サヨリ、シマアジ、タコ、タチウオ、トコブシ、トラフグ白子、ハマグリ、ヒラメ、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、生サバ、海胆、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(午後7時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
posted by らかん at 08:29| Comment(0) | 保田の歴史、文化

2019年07月05日

アナゴ寿しと日本酒の分類

鋸南町の気温は22℃ 晴れ
※21日(日)臨時休業致します。

アナゴ(穴子)
ウナギ目アナゴ科

東京湾の穴子は産卵期になると羽田沖に集まってきます。栄養が豊富で穴子にとっては最高の産卵場所です。この場所で獲れる穴子は、脂がのって旨味があり江戸前寿司のブランド穴子です。当店は活き締めの高級ブランド穴子を提供しています。
IMG_20190406_113219_470a.jpg
(煮アナゴ寿司、ふんわりと口の中で溶けます)

人気のアナゴ寿し!タンパク質はウナギより豊富にあります。脂質はウナギの半分以下、ビタミン類はウナギの方が多いですが、ミネラル類はウナギとほぼ同じです。脂質を気にされている方には、穴子はお勧めです。

anago1.jpg
anago2.jpg
anagonieta.jpganago0004.jpganago0005.jpg

煮アナゴは、当店人気の寿し種の一つです。活きたアナゴを丁寧に捌き、秘伝のタレでじっくりと煮て仕上げています。穴子には、レチノールが多く含まれます。このレチノールには、粘膜や皮膚の抵抗力を高め、目の疲れや肌荒れに効果があるとされ、アンチエイジング化粧品に利用されています。また、ビタミンEや亜鉛も豊富に含まれます。

日本酒の分類

一時の焼酎ブームから、今は和食ブームに付随するように日本酒に関心が高まっているようです。
日本酒が大好きな女性も増えていますし、銘柄等にこだわって日本酒を飲まれる方が多くなってきました。酒造技術指導の第一人者で、酒造界の生き字引的存在の故上原浩氏は、三倍増醸全盛の時代から純米酒の復活に尽力されてきた方ですが、氏は、【日本酒とは純米酒のことである】と著書の第一章のタイトルに掲げています。アル添していない純米酒こそが日本酒であるという事です。

daisiti.jpgdaisiti0.jpg
(まったりとした吟味と涼しい含み香と奥深い味わい。生酛の良さを味わえる酒 大七)

※特定名称酒とは、酒税法において、原料、製造方法などの違いによって8種類に分類された特定名称の清酒のこと。いわゆる「普通酒」と区別してこう呼ぶ。所定の要件に該当する日本酒にそれぞれの名称を表示することができる。

昔は 特級、一級、二級、という級別で分類していましたが、今は蔵元独自の工夫がなされ、作り方も杜氏や蔵元によって違いがでています。日本酒を精米歩合 、麹歩合、アルコール添加量などの製法により、区分したものです。

種類も大吟醸酒、純米大吟醸酒、吟醸酒、純米吟醸酒、本醸造酒、純米酒、と分けられています。

sake.jpg

純米大吟醸 精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。
純米吟醸酒 精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。
純米酒 精米歩合による規定はない、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。
大吟醸酒 精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。
吟醸酒  精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。
本醸造酒 精米歩合70%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

シンコ、メジマグロ、アジ、赤貝、アオリイカ、イワシ、カスゴ鯛、コハダ、キス昆布締め、クロムツ、サザエ、サヨリ、シマアジ、タコ、タチウオ、トコブシ、トラフグ白子、ハマグリ、ヒラメ、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、生サバ、海胆、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(午後7時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
posted by らかん at 09:38| Comment(0) | 日本酒

2019年07月03日

シンコ寿しの仕込みを始めました!

鋸南町の気温は28℃ 晴れ

新子(シンコ)寿し

江戸前寿しの職人が最もこだわりを持って大切にしている寿し!シンコの仕込みが始まりました。
コノシロは、成長するたびに名前が変わる出世魚です。シンコ(コハダの幼魚)→コハダ→ナカズミ→コノシロと変わります。6月はキロ8万もの初値が付き、中々仕入れが出来ませんでしたが、やっと落ち着いてきましたので、今週末から提供できるように仕込みを始めました。

20160611_085950 _470.jpg
(シンコ寿し、生まれたての赤ちゃんコハダです)

シンコの期間は大変短く、7月より8月末ですが、シンコの生育状態により更に短くなる可能性はあります。この小さく繊細な魚をさばくのは大変な根気と技術が必要です。江戸前寿しの職人が最もこだわりを持って大切にしている寿しです。江戸っ子職人の意地と誇りと見栄の世界が現代でもシンコ寿しの世界には残っています。

20180709_133925_860_470.jpg

3cm程のコハダの幼魚(シンコ)のコケラを丁寧に取り三枚に卸します。水洗いをした後に、塩をふり程良くなじませたら、さっと水洗いをします。水気を取り松月秘伝の酢に漬け込みます。

sinko002.jpg

sinoko004.jpg
(三枚おろし)

sinko007.jpg
(塩をした後、酢にしたシンコ)

短い期間ですが、シンコの味を楽しんでください。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

メジマグロ、アジ、赤貝、アオリイカ、イワシ、カスゴ鯛、コハダ、キス昆布締め、クロムツ、サザエ、サヨリ、シマアジ、タコ、タチウオ、トコブシ、トラフグ白子、ハマグリ、ヒラメ、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、生サバ、海胆、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(午後7時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
タグ:シンコ
posted by らかん at 09:38| Comment(0) | 本日の寿司種