2019年07月05日

アナゴ寿しと日本酒の分類

鋸南町の気温は22℃ 晴れ
※21日(日)臨時休業致します。

アナゴ(穴子)
ウナギ目アナゴ科

東京湾の穴子は産卵期になると羽田沖に集まってきます。栄養が豊富で穴子にとっては最高の産卵場所です。この場所で獲れる穴子は、脂がのって旨味があり江戸前寿司のブランド穴子です。当店は活き締めの高級ブランド穴子を提供しています。
IMG_20190406_113219_470a.jpg
(煮アナゴ寿司、ふんわりと口の中で溶けます)

人気のアナゴ寿し!タンパク質はウナギより豊富にあります。脂質はウナギの半分以下、ビタミン類はウナギの方が多いですが、ミネラル類はウナギとほぼ同じです。脂質を気にされている方には、穴子はお勧めです。

anago1.jpg
anago2.jpg
anagonieta.jpganago0004.jpganago0005.jpg

煮アナゴは、当店人気の寿し種の一つです。活きたアナゴを丁寧に捌き、秘伝のタレでじっくりと煮て仕上げています。穴子には、レチノールが多く含まれます。このレチノールには、粘膜や皮膚の抵抗力を高め、目の疲れや肌荒れに効果があるとされ、アンチエイジング化粧品に利用されています。また、ビタミンEや亜鉛も豊富に含まれます。

日本酒の分類

一時の焼酎ブームから、今は和食ブームに付随するように日本酒に関心が高まっているようです。
日本酒が大好きな女性も増えていますし、銘柄等にこだわって日本酒を飲まれる方が多くなってきました。酒造技術指導の第一人者で、酒造界の生き字引的存在の故上原浩氏は、三倍増醸全盛の時代から純米酒の復活に尽力されてきた方ですが、氏は、【日本酒とは純米酒のことである】と著書の第一章のタイトルに掲げています。アル添していない純米酒こそが日本酒であるという事です。

daisiti.jpgdaisiti0.jpg
(まったりとした吟味と涼しい含み香と奥深い味わい。生酛の良さを味わえる酒 大七)

※特定名称酒とは、酒税法において、原料、製造方法などの違いによって8種類に分類された特定名称の清酒のこと。いわゆる「普通酒」と区別してこう呼ぶ。所定の要件に該当する日本酒にそれぞれの名称を表示することができる。

昔は 特級、一級、二級、という級別で分類していましたが、今は蔵元独自の工夫がなされ、作り方も杜氏や蔵元によって違いがでています。日本酒を精米歩合 、麹歩合、アルコール添加量などの製法により、区分したものです。

種類も大吟醸酒、純米大吟醸酒、吟醸酒、純米吟醸酒、本醸造酒、純米酒、と分けられています。

sake.jpg

純米大吟醸 精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。
純米吟醸酒 精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。
純米酒 精米歩合による規定はない、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。
大吟醸酒 精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。
吟醸酒  精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。
本醸造酒 精米歩合70%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

シンコ、メジマグロ、アジ、赤貝、アオリイカ、イワシ、カスゴ鯛、コハダ、キス昆布締め、クロムツ、サザエ、サヨリ、シマアジ、タコ、タチウオ、トコブシ、トラフグ白子、ハマグリ、ヒラメ、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、生サバ、海胆、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(午後7時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
posted by らかん at 09:38| Comment(0) | 日本酒

2019年07月03日

シンコ寿しの仕込みを始めました!

鋸南町の気温は28℃ 晴れ

新子(シンコ)寿し

江戸前寿しの職人が最もこだわりを持って大切にしている寿し!シンコの仕込みが始まりました。
コノシロは、成長するたびに名前が変わる出世魚です。シンコ(コハダの幼魚)→コハダ→ナカズミ→コノシロと変わります。6月はキロ8万もの初値が付き、中々仕入れが出来ませんでしたが、やっと落ち着いてきましたので、今週末から提供できるように仕込みを始めました。

20160611_085950 _470.jpg
(シンコ寿し、生まれたての赤ちゃんコハダです)

シンコの期間は大変短く、7月より8月末ですが、シンコの生育状態により更に短くなる可能性はあります。この小さく繊細な魚をさばくのは大変な根気と技術が必要です。江戸前寿しの職人が最もこだわりを持って大切にしている寿しです。江戸っ子職人の意地と誇りと見栄の世界が現代でもシンコ寿しの世界には残っています。

20180709_133925_860_470.jpg

3cm程のコハダの幼魚(シンコ)のコケラを丁寧に取り三枚に卸します。水洗いをした後に、塩をふり程良くなじませたら、さっと水洗いをします。水気を取り松月秘伝の酢に漬け込みます。

sinko002.jpg

sinoko004.jpg
(三枚おろし)

sinko007.jpg
(塩をした後、酢にしたシンコ)

短い期間ですが、シンコの味を楽しんでください。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

メジマグロ、アジ、赤貝、アオリイカ、イワシ、カスゴ鯛、コハダ、キス昆布締め、クロムツ、サザエ、サヨリ、シマアジ、タコ、タチウオ、トコブシ、トラフグ白子、ハマグリ、ヒラメ、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、生サバ、海胆、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(午後7時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
タグ:シンコ
posted by らかん at 09:38| Comment(0) | 本日の寿司種

2019年07月01日

夏のヒラメは淡泊でさっぱりとした味わいです。

鋸南町の気温は24℃ 曇り

ヒラメ(鮃・平目)
カレイ目ヒラメ科

東京湾で漁獲されるヒラメは、冬は寒鮃といい、ねっとりとした甘みがありますが、春から夏のヒラメ(ソゲ)は、コリコリとしてさっぱりとした食感です。今のヒラメは、淡泊でさっぱりとした味わいでおいしいです。

20181215_152144_470.jpg
(ヒラメの寿し)

ヒラメはカレイの仲間で左右の眼が体の左側に寄り集まっています。左ヒラメに右カレイとして覚えます。

IMG_20190414_113411_470.jpg
(ヒラメ)

エンガワの脂肪含量は夏でも16%あります。エンガワにはタンパク質の一種であるコラーゲンが多く含まれているので、食べると張りのあるつややかな皮膚になります。(動物の皮膚や骨、腱などの結合組織の主成分がコラーゲン)

20170314_111525_470.jpg
(エンガワの寿し)

養殖のヒラメが市場には出回っていますが、養殖のヒラメはせまい槽の中で育てるので重なっている事が多く、白い皮目の部分に黒い皮目の色が移って黒っぽい斑があります。天然魚は体の裏側は白いので見分けやすいです。
自然の海で獲れたヒラメでも、黒斑があれば放流されたヒラメであるとわかりますが、最近は底に砂を敷いた水槽で育てる種苗もあり、これには黒斑がつかないので見分けにくくなってきました。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

メジマグロ、アジ、赤貝、アオリイカ、イワシ、カスゴ鯛、コハダ、キス昆布締め、クロムツ、サザエ、サヨリ、シマアジ、タコ、タチウオ、トコブシ、トラフグ白子、ハマグリ、ヒラメ、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、生サバ、海胆、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(午後7時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
タグ:ヒラメ
posted by らかん at 10:30| 本日の寿司種