2020年01月28日

初鰹が入荷しました!

鋸南町の気温は6℃ 晴れ

初ガツオ(初鰹)
スズキ目サバ亜目サバ科

走りの初鰹が入荷しました!勝浦に水揚げされた鰹は、国内ブランドのカツオです。臭みも無く多くの食通が旨いと認める味です!

IMG_20190518_092232_600.jpg
(初カツオ、さっぱりとした味わいです)

春から初夏にかけ、黒潮にのって太平洋岸を北上するかつおを初鰹と言います。エサを求めて暖かい海に向かって北上するので味はさっぱりとしていますが、勝浦産のカツオは適度な脂がのっています。逆に秋になると海水温の低下に伴って、三陸の海から関東以南へ南下してくるかつおを戻り鰹と言います。餌をたっぷり食べて南下してくる戻り鰹は脂がのっています。

目には青葉山ほととぎす初鰹(江戸中期の俳人山口素堂の詠んだ句)

IMG_20190518_092311_470a.jpg

初鰹の値は今でも高めですが、江戸時代の当時の初鰹は、「まな板に 小判一枚 初鰹」(宝井其角)と詠まれるくらいに極めて高価でした。また「初鰹は女房子供を質に置いてでも食え」といわれるほどの人気の魚でした。旬の走りに高価な鰹を食べるということが粋、安くなるまで待って食べるのは野暮と言われ、初物に手を出すのが江戸っ子の粋の証、逆に当時のマグロは大量に獲れて非常に安かったのです。

IMG_20190208_134925_470.jpg

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

あん肝、アカガイ、アカムツ、蒸しアワビ、アジ、アオリイカ、イワシ、ギラ、金目鯛、クロムツ、コハダ、コチ、サザエ、サヨリ、サワラ、シメサバ、生サバ、タコ、タチウオ、トコブシ、ホウボウ、ヒラメ、マダイ、マグロ、ハマグリ、煮アナゴ、海胆、自家製玉子焼き、他(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後5時(午後5時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。
※お支払い方法;現金の他にimg_logo.pngが使えます

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
タグ:初ガツオ
posted by らかん at 09:24| Comment(0) | 本日の寿司種

2020年01月27日

走りのマゴチはさっぱりとして爽やかな味わいです。

鋸南の気温は6℃ 晴れ

保田産マゴチ(真鯒)
カサゴ目コチ科コチ属コチ

走りのマゴチが入荷しました。身はコリコリとした食感で、甘くさっぱりとして爽やかな味わいです。ヨシノゴチやメゴチに対して真のコチという意味で真ゴチです。

20160801_101234_550.jpg
(さっぱりとして爽やかな味わいです。)

コチは漁獲量が少なく、殆ど魚屋の店頭には並ばず高級魚として料理店や寿司屋に直行します。特にヒラメの味が落ちる夏には非常に高値になります。

IMG_20190325_095814_470.jpg

頭部や身体を見ると怖くてとても美味しそうには見えませんが、非常に美味しいです。東京湾ではコチ釣りを「照りゴチ釣り」と呼び、夏の風物詩となっています。コチの地方名としてヨゴチ(富山)がありますが、これは「上等のコチ」という意味。

20170331_125720.jpg

koti00.jpg
(マゴチの顔・・頬の部分は美味)

 鯒(コチ)の顔 器量悪しくて うまかりし (草間 時彦)

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

あん肝、アカガイ、アカムツ、蒸しアワビ、アジ、アオリイカ、イワシ、ギラ、金目鯛、クロムツ、コハダ、コチ、サザエ、サヨリ、サワラ、シメサバ、生サバ、タコ、タチウオ、トコブシ、ホウボウ、ヒラメ、マダイ、マグロ、ハマグリ、煮アナゴ、海胆、自家製玉子焼き、他(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後5時(午後5時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。
※お支払い方法;現金の他にimg_logo.pngが使えます

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
タグ:マゴチ
posted by らかん at 08:31| Comment(0) | 本日の寿司種

2020年01月21日

タコ(保田産)は、柔らかく旨い!

鋸南町の気温は7℃ 晴れ

マダコ(真蛸)
マダコ科

地元のマダコは一年中獲れ、甘みが濃くておいしいです。タコは雑食性でいろんな物を食べますが、この辺りではアワビ、サザエ、伊勢えびなど高級食材をエサにしているので美味しいはずです。

IMG_20190329_092912_470.jpg

IMG_20190329_092801_470.jpg

タコは加熱すると収縮して硬くなりやすいです。これは、タコの筋肉の特徴が筋繊維に方向性がないということと、タコ全体がひとつの弾力のある塊の状態のためです。茹でるときに足の間に切り目を入れておくのがコツ。鮮やかな小豆色のタコは国産、薄い色は輸入もので値段も味も違います。

20150428_111334_470.jpg

茹で上がったタコはワイン色に染め上がります。これはタコの表面の皮にオンモクロームという物質が含まれるからです。茹でると肉組織から塩基性物質が煮汁へ溶け出して、液がアルカリ性になるためにオンモクロームがたんぱく質と結合して赤くなります。旨味成分はペタインです。タコはビタミンB2を多く含みます。

※(ペタイン)自然界では植物や海産物などに広く存在する物質で、甘み、うま味、保湿に関係している。日本では食品添加物や化粧品等の保湿剤として使用されている。

※(ビタミンB2)脂質をエネルギーにかえる働きがあるのでダイエット中の方は意識して摂りたい栄養分。また、皮膚・髪・爪などの細胞の再生に働き、肌荒れなどのトラブルを解消。目の充血や疲れ目、涙目などを改善。


takonoko2.jpgtakonoko7.jpg
(産卵期には卵(真子)が頭の部分に入っているので茹でたり煮て酒の肴に供します。淡黄白色の円形で味は淡白ですが食感を楽しみます。)

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

アカガイ、蒸しアワビ、イワシ、カワハギ、カンパチ、金目鯛、クロムツ、コハダ、サザエ、サワラ、シマアジ、シメサバ、生サバ、タコ、タチウオ、ヒラメ、ブリ、ホウボウ、マダイ、マグロ、ハマグリ、煮アナゴ、海胆、自家製玉子焼き、他(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時(午後5時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。
※お支払い方法;現金の他にimg_logo.pngが使えます
※当店は、PayPayでお支払いのお客様に5%還元キャッシュレス対象店舗です。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします

タグ:タコ
posted by らかん at 09:15| Comment(0) | 本日の寿司種