2022年06月18日

東京湾内のアカムツ(ノドグロ)は最高に旨い!

鋸南町の気温は16℃ 雨

ご来店時はご予約をお願いします。

アカムツ(ノドグロ)
スズキ目ホタルジャコ科

東京湾内のアカムツは、豊富なプランクトンをエサとして育っているので、甘く脂がのり非常に美味しいです。日本海での呼び名「のどくろ」と呼ばれることが多いです。赤い魚の高級魚として東北以北の太平洋側でとれるキチジ(キンキ)と対比されることが多いです。

PXL_20220211_020824636.MP_470.jpg
(脂がのって旨味が濃いです)

「赤むつ」は赤い色をした「むつ」なので赤ムツと呼びますが、ムツの語源は何か?というと、四国地方の方言に味が濃い、しつこい、脂っこいというのをムツコイというそうで、これに由来すると言われます。つまり「むつ」は、脂っこい魚ということです。昔はトロと同じで脂が多いと傷みが激しく殆ど捨てられていたわけですが、今は保存技術が優れていますから、脂ののった物がもてはやされる現代は高値で取引されて数が足らないくらい好まれています。

「ノドグロ」とも呼ばれますが、これは喉が黒いのでそう呼ばれます。

PXL_20220211_020734050_470.jpg

ノドクロの栄養は、脂肪が多いのでDHA、EPAが豊富です。DHAは、頭や目にいいと言われていますし、EPAは、悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする効果があると言われます。
また、ビタミン類も豊富で栄養が豊富です。

IMG_20200824_081825_470.jpg

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

生トリガイ、地元産ウニ、アワビ、アカムツ、イサキ、イワシ、カマス、春日鯛、クロムツ、シマアジ、赤貝、サザエ、ハマグリ、ヒラメ、タチウオ、甘鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、アジ、タコ、アオリイカ、シメサバ、コハダ、北海道のバフンウニ、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後10時(LO;8時30分)午後6時以降ご来店予定の方は早めにご予約をお願いします。
※営業時間内でも魚介が無くなり次第、早めに閉店いたします。
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話(0470551004)でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
posted by らかん at 08:11| Comment(0) | 本日の寿司種