2017年06月12日

エルニーニョは人間が造った気象調節兵器

エルニーニョ(wikipedia)

エルニーニョ現象(スペイン語:El Niño)とは、東太平洋 の赤道 付近(ちょうどガラパゴス諸島に当たるところ)で海水 の温度が上昇する現象。

もともとスペイン語 で「男の子」(イエス・キリスト )を意味する言葉だったものが現象名として使用されるようになった。

太平洋 では通常貿易風 (東風)が吹いており、これにより赤道 上で暖められた海水が太平洋西部(インドネシア 付近)に寄せられ(赤道海流 の働き)、代わって太平洋東部には冷たい海水が湧き上がっている。これを湧昇流 と言う。

エルニーニョが発生すると、この暖かい海水を押し流す貿易風が弱まるため、暖かい海域(暖水プール)は太平洋中央部や太平洋東部に滞留する。これにより、太平洋東部(〜中部)の海水の温度が上がると同時に、太平洋西部の海水温が下がる。

エルニーニョ現象が発生した際には、東太平洋赤道域の海水 温が平年に比べて1〜2℃前後上昇する。時に大幅な上昇を示すこともあり、1997年 〜1998年 にかけて発生した20世紀 最大規模のエルニーニョでは、最大で5℃上昇した。発生のメカニズムはまだ解明されていない。


----------------------------------------------
エルニーニョ現象の原因はペルー沖の海温の上昇により貿易風が弱められ、暖かい海水が太平洋中部や太平洋東部に駐留することにより起こる⇒何故海の温度が上昇したのか?上昇するためのエネルギーはどこから?これでは、説明不足ですね。

誰もこれを説明してくれません・・・解明されていないからという事で無理やり納得させられていませんか?

----------------------------------------------

(コールマン博士・最後の警告 ジョン・コールマン博士著)
P212 日本海を舞台にして海水移動実験が繰り広げられた(※本の中から抜粋です)

私が1990年に発表した論文、(形而上学とマインドコントロール、及びELF気象調節)から引用しよう。

ロシアがアメリカに対して行っている戦争行為のうち最も長期的なもののひとつが気象調節及び気象操作である。これは新しい物ではない。テスラが1905年に気象操作のデモンストレーションを行っている。だがアメリカでは誰も其の軍事転用の可能性に気が付かなかった。それを旧ソ連は見抜いた。

基本的にはビームの干渉を使って高気圧地帯を作り出しそれを望む地域内の場所にとどめておいたり遠くはなれた干渉地域にエネルギーを加えたりすることが出来ると言う事である。

エネルギーを取り除けば標的とする地域に低気圧地帯が出来上がる。はるかかなたから緩衝地帯(例えばカルフォルニア)全体をカバーしている複数の送信機をゆっくりと回転させれば高気圧と低気圧を動かす事が出来るし更にこちらの方が重要だが高気圧を望みの標的地帯に足止めさせる事も出来るのである。この技術で雲の塊や成層圏を流れるジェット気流を捕まえる事ができる。

これは最終的に標的地域の気象操作に繋がる。

これこそまさにロシアがとりわけ北米に対して行っている事でありそのほか世界中どこでも自国の利益の絡む地域で行っている事である。これは間違いなく気象操作の父ニコラ・テスラが発見した技術だ。

これと同じ技術が応用され、暖かい海水が冷たい太平洋の東部に移動したのがエルニーニョと呼ばれている物だ。様々なバリエーションはあるが、海洋中の暖かい海水の塊を動かせる距離はドンドンと長くなっている。

記録に残るアメリカの最初の試みでは暖かい海水が冷たい海水の部分へと4800キロも動いたがこれによる気象の変化は後のものと比べると穏やかだった。これと比べて旧ソ連が日本海で行った実験では海水は2万2千4百キロという驚くべき距離を移動している。1998年、アメリカの気象調節学者はついに膨大な量の海水を1万4千4百キロの距離を越えて太平洋の冷水地域へと動かす事に成功した。

1977年には、気象学上とりわけ重要な年となるようなある発見がなされた。アメリカの東西の両沿岸をブロックする地域と、フィンランド国境からポーランドおよび、旧ソ連までの地域に人工的に作られた高圧エネルギーのバリアが見つかったのである。ジェット気流も天候の循環運動も異常でまるでカーテンに遮られているかのようだった。

詳しく調べてみると驚くべきことがわかった。ブロックされた地域にそれぞれ電磁エネルギーの波が滞留していたのである。

この同僚は旧ソ連による日本海上空での実験の数々も報告してくれた。これはエルニーニョの先駆けになったもので、数百ページにわたって確認されている事はエルニーニョは全くありもしないところに亜熱帯気候を作り出すということだった。

1975年のジュネーブ軍縮会議に関しては広範な書類が私のところに送られてきたが中でも最も驚いたのは酷い旱魃が何故か赤道付近のベルト地帯。具体的にはアフリカのサハラ以南の地域に起こって大きな被害をもたらしている事だ。数百万人が飢餓のために死んでいこうとしていた。そして実際に数百万人が全く異常な長期的な旱魃のために死んでいった。

これはローマクラブの要求で2000年までに地球から数億人を消し去ろうと言うグローバル2000の一部だったのだろうか。私は絶対にこの理論を信じている。そしてこの理由もあってアメリカは、ロシアが気象パターンの操作能力を完全に備えているという事実を確認できないでいるのではないだろうか。(アメリカが動かないもう一つの理由は、じっとしていればロシアの気象調節実験を直接観察できるからだ。これなら独自の実験計画を数十億ドルを費やしてまで作る必要はない。)

1983年3月、旧ソ連の気象学者らはアメリカに意識を向けた。アメリカの秘密上位並行政府は何が起きるのかを知りながらソビエト連邦の実験を止めるために何もしなかった。1983年のクリスマスの時期、全米の21州で例年にない低温が観測され、60の市で最低気温の記録が破られた。それ以前アメリカの気象予報官が太平洋の1600キロ沖合いに擾乱がある事に気づき、エルニーニョとなずけた。更には貿易風が停滞しているばかりか通常の流れと逆の方向に動いている事も発見した。

オーストラリアは旱魃に見舞われて大災害となりアメリカの太平洋岸各地および南アフリカは殆ど突発的な豪雨の影響で破壊寸前となっていた。前例のない気象の変化は全米でも見られた。

其の原因は「地軸の傾きか、チェルノブイリかあるいは神の御業か」などといわれた。「ワールド・イン・レビュー」は本当の答えを載せていたが主流の新聞でないために顧みられる事も無くドクター・ピーター・ペーパーの愚にも付かない話」として捨て去られてしまった。

あれはエルニーニョが人間の仕業である事を最初に示した物であり私達はそのように主張したのだが受け入れてもらうだけの証拠が無かった。旧ソ連は、時間をむだにせず、1976年および77年にはアメリカに対し、過去最悪の厳しい冬の気候と異常な気象条件とをぶつけてきた。この目的の為、旧ソ連はテスラの地電力共鳴技術を利用し、安定した地域的ELF磁場を作り出すことが出来た。


(コールマン博士・最後の警告 ジョン・コールマン博士著)

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。
posted by らかん at 22:00| Comment(0) | エルニーニョと気象操作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。