2016年06月13日

熱々のメゴチの天ぷらは旨い!!

鋸南町の気温は22℃ 雨

鯒(こち)
カサゴ目コチ科コチ属 コチ、マゴチ、イネゴチ、メゴチ、など

メゴチは、天ぷらの高級食材として非常に美味ですが、やはり漁獲量は少なく中央市場にはほとんど行かず、地元で消費されます。この辺りでは、ネズッポと呼びます。キスの天ぷらも非常に美味しいですが、揚げたてのメゴチの旨味は格別です。

megotiten0607.jpg
(メゴチの天ぷら)

megoti000.jpg
(メゴチ)

megoti002.jpg
(皮を剥いて松葉おろしにして天ぷらにします)

鯒(コチ)の呼び名は大言海に、昔の公家などが正装した時に手に持つ細長い手板を「笏(こつ)」といい、今も神官が儀式の時に用いている。魚形が「笏」に似ているところから訛ってついた。とあります。
コチ一族はいずれも不細工な頭でっかちで体は扁平。北日本には少なく、本州中南以南の近海の砂泥の中に平べったい保護色の身を隠し、小魚やエビ、カニ類が近寄るのをギョロ目で見張りながら一呑みにする。東京湾では、11月頃から深場で冬眠に入り、春になると餌を求めて活動を始める。

※【天ぷらの語源・由来】 天ぷらは、室町時代に日本に入ってきた南蛮料理の一種。 天ぷらの語源には、ポルトガル語で「調理」を意味する「tempero」、スペイン語で「天上の日(鳥獣の肉が禁じられ、魚肉の揚げ物を食べる日)」を意味する「templo」など諸説ある。

kisiten.jpg
(キスとメゴチの天婦羅)

コチは夏が旬で今からが一番美味しい。マゴチが魚屋さんの店頭に出回らないのは、漁獲量がとても少なく、地元の料理店で消費してしまうからです。なので必然的に高級魚となります。(文献:魚偏に遊ぶ 田中秀雄著)
本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

シンコ、サヨリ、フグ、キス、コハダ、アジ、カマス、カレイ、ヒラメ昆布〆、黒ムツ、赤ムツ(ノドグロ)、生トリ貝、イワシ、サザエ、タチウオ、甘鯛、花鯛、真鯛、金目鯛、カツオ(勝浦産)、地たこ、アオリイカ、ヤリイカ、煮アナゴ、煮ハマグリ、赤貝、自家製玉子焼き(有精卵使用)、ウニ、イクラ醤油漬け、マグロ他

kisikonbu610.jpg
(キス昆布〆寿し)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。
タグ:メゴチ
posted by らかん at 09:59| Comment(0) | 酒の肴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。