2018年10月09日

フレッシュなギラ(保田産)のすしが始まりました!

鋸南町の気温は20℃ 晴れ

ギラ(オキヒイラギ)
スズキ目ヒイラギ科

泳いでいるとギラギラとしているのでギラと呼びます。活きの良いギラは、中央市場に出回ることが無いですが10pもする大きなギラは貴重で地元では人気が高いです。癖がなく爽やかでフレッシュな味わいです。味わった事が無い方は、今の時期だけですから、是非味わって頂きたい1品です。

20181009_063219_470.jpg
(ギラの寿司、肝も甘いです)

20181009_063150_470.jpg

10pほどの大きなギラは、大変美味しいです。ぬめりがあるのが新鮮な証です。

gira0.jpg

gira01.jpg
(醤油に半日漬けて焼きます。香ばしくて美味。)

漁獲量は多くないので市場ではお目にかかれない魚ですが、11月一杯は味わう事ができます。三枚におろして刺身にしても甘くて美味しいです。煮たり、フライや唐揚げ、焼き物等、様々な調理法で味わってください。
また、沖合いで定置網で漁獲される5センチ位のヒイラギは、オキヒイラギ(沖柊)といって、干してからフライパンで炒って食べます。香ばしくパリパリとした食感で子供にも人気があります。

20171008_111804_470.jpg

地方での呼び名は様々で、ギチ(東京)、ギラ(千葉)、ジンダ(ジンダベラとも)、ネコゴロシ(ネコマタギとも)(静岡)、ゼンメ(愛知)、ネコナカセ(浜名湖)、ギンタ(和歌山)、ネラギ(大阪)、ダイチョオ(兵庫)、ネコクワズ(淡路島)、エノハ(鳥取)、ギギ、ゲッケ(岡山)、ギンギン、ギンガー(広島)、ヒイラギ(長崎)など様々です。

20171008_gira004.jpg

地方名の由来も、銀色に光ること・小骨が多くて可食部が少なく「ネコも嫌がる」こと・体型が木の葉 形で周囲に棘がありヒイラギの葉に似ること・発音することなど様々です。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

ギラ、カンパチ、カワハギ、カツオ(戻り)、ヒラメ、シマアジ、アマダイ、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、アワビ、サザエ、アジ、生サバ、シメサバ、イワシ、コハダ、ダルマイカ、ウニ、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時00分(LO;7時30分)
※定業日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。
※午後7時以降のご来店はご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004

Facebookもよろしくお願いします。
posted by らかん at 07:21| Comment(0) | 本日の寿司種
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。