2018年10月19日

厳しい漁獲制限の為、めったには味わえないメジマグロが入荷しました。

鋸南町の気温は19℃ 晴れ

メジマグロ
スズキ目サバ科マグロ属

このメジマグロは、保田産の定置網漁で獲れたメジマグロです。もちろん天然マグロですから、養殖マグロとは違った、天然クロマグロの味覚は十分味わえます。肉食魚でイワシ類、カツオやイカ類などをエサとしながら動き回り、運動量もあるので小さいですが身は程よく締まって軟らかさもあり、脂も程よくのっています。

20180109_082422_470.jpg

20180109_082214_470.jpg

メジマグロは、クロマグロの幼魚の呼称で、マメジ、本メジとも呼ばれます。実は、クロマグロは成魚の数が過去最低水準に落ち込んでいる上、幼魚であるメジマグロの数も減っているということで、2010年より水産庁が資源量を回復させるために漁獲規制を強めています。厳しい規制枠内(獲って良い量が制限されている)で
水揚げされるので内湾でもめったに漁獲されません。

メジマグロ470.jpg

※天保三年(1832年)の春、マグロの大漁があり当時日本橋にあった魚河岸にあふれかえった。非常に安値となり、『南総里見八犬伝』の作者滝沢馬琴の日記には、三尺(1尺は約30.3cm)のマグロが二百文、滝沢家では二尺あまりのマグロの片身を八十文で買ったと記述がある。当時の貨幣価値は、駕籠(日本橋から吉原まで5キロ)が、二百文で3.300円。下酒が1升(1.8ℓ)八十文(1.320円)。初鰹が1尾5.200文で85.800円の時代です。マグロが1尾3.300円ですから、今とは随分と価値が違います。

meji4700.jpg
(メジマグロ腹)

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

マグロ、イサキ、アワビ、サワラ、サバ、サヨリ、シンコ、マコガレイ、トコブシ、クロムツ、アカムツ、タチウオ、真鯛、金目鯛、カツオ(勝浦産)、アジ、イワシ、コハダ、地たこ、ダルマイカ、煮アナゴ、煮ハマグリ、サザエ、赤貝、自家製玉子焼き、ウニ、他
(魚介は全て天然物です)

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

メジマグロ、ギラ、アオヤギ、カマス、カンパチ、カワハギ、カツオ(戻り)、ヒラメ、シマアジ、アマダイ、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、アワビ、サザエ、アジ、生サバ、シメサバ、イワシ、コハダ、ダルマイカ、ウニ、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時00分(LO;7時30分)
※定業日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。
※午後7時以降のご来店はご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。
posted by らかん at 12:10| Comment(0) | 本日の寿司種
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。