2021年07月14日

クロムツとホヤずしと騎馬民族の歴史

鋸南町の気温は23℃晴れ

千葉県ではまん延防止等重点措置を講じるべき区域及びその他の区域の
飲食店に対する営業時間短縮等の要請が8月22日まで継続中です。
※自粛期間中の営業時間は午前11時から午後9時(酒類のご提供は午後8時まで)です。
※当日のご来店は午後6時までに(電話0470551004)ご予約をお願いします。
※7月22日(木)祝日ですが休業いたします。(定休日:毎週木曜日)

黒睦(クロムツ)
スズキ目スズキ亜目ムツ科

黒ムツは肉食で、稚魚期は動物性プランクトンをエサにして成長しますが、体長4〜5cm頃から他魚種の仔稚魚や小型の甲殻類をエサにして成長するので味が凝縮され非常に美味です。

IMG_20200823_125947_470.jpg
(クロムツ寿し)

東京湾で獲れるムツは温暖な黒潮の影響で冬でも暖かで、豊富なプランクトンがある深層海流で育っているので、一年中脂がのって美味しいです。環境が美味しい魚を育み、歯ごたえのある中トロのような味覚です。脂肪がのっているけど、味は淡白で美味、タイの代わりにもなる味です。

IMG_20200511_091304_470.jpg

鋸南では、ホヤの寿司は見かけないですが、産地の宮城県、岩手県、青森県辺りでは、食されています。
美味しいホヤが入ったら、是非松月でも提供したいと思います。

漢字では(真海鞘、真老海鼠、真保夜)と書きます。由来は、『魚鑑』(武井周作天保辛卯 1831)には〈奥州仙台には、ほやほや笑うというに因みて、佳節吉事(せっくめでたき)の時、必食うなり、近年相海(さがみうみ)も希に出つ〉。
■ 炎のように赤い色をしているから「火焼け(ホヤ)」。
■ ほや(宿り木)が根を張るに似ているから。
■ 海鼠(なまこ)の老いたものだから「老海鼠(らうかいそ)」か? [『和名抄』、『魚鑑』(武井周作天保辛卯 1831)
出典はここ

ホヤずしと騎馬民族(すし風土記A 近藤弘著)より

ホヤは冷水を好む、まことに奇妙な原索動物だ。そのホヤの馴れずしを、平安朝廷が、「調」に求めたことが、私には不思議でならない。「調」を納めている国を調べると、若狭と畿内の二カ国。若狭の海は冷たいから、ホヤをとることも容易であったろう。畿内の海といえば、いうまでもなく瀬戸内海。よほど深く潜らぬ限りホヤは獲れないだろう。

ホヤ.png

ホヤずしのような、現代の私どもからみれば、いわばゲテモノずしを、平安朝廷がわざわざ「調」に求めた理由は、考えれば考えるほど興味深い。一体、ホヤずしのようなものを、日本人はいつごろから好むようになったのだろう。

私は、日本人がホヤを好きになったのではなくて、古墳時代前後に渡来した「すし人」(すし文化を持ってきた人たち)が、ホヤ好きだったと考えたい。実は、ホヤずしこそ「すし人」たちが、どこから日本列島に渡ってきたかという鍵を握っていると私は考えている。結論だけをずばりいえば、その地点は朝鮮半島の南部としか考えられない。

ホヤ0.jpg

ところで、ここで重大な疑問が生ずるのである。「すし人」が北九州に上陸した時代は古墳時代の前後と私は推理した。その頃大陸では西晋が栄えていた。やがて西晋は滅び、大陸では五胡十六国の時代を迎える。

日本列島では、丁度その頃古墳時代の中期を迎えた。江上波夫博士は騎馬民族が北九州に上陸した時代を、その古墳時代中期と考えている。「すし人」の上陸と、騎馬民族の北九州上陸との時間差は100年以内、おそらくは数十年ほどであろう。

私は騎馬民族と「すし人」とを同一視することは出来ない。すし好きの騎馬民族のような奇妙な民族など、食物嗜好的には考えられぬからだ。一歩譲って、四世紀を中心に「すし人」と、騎馬民族とが相前後して、北九州に上陸したと仮定してみよう。嗜好的に見て、魚好きと肉好きと、まことに奇妙な集団が出来上がってしまう。

大和朝廷の天皇一族の嗜好を調べてみると、不思議にもまことに魚好きだ。平安貴族たちの嗜好は一言でいえばすし好き。しかもそのすしは馴れずし。すし狂の私には、騎馬民族説を肯定しがたい。
(すし風土記A 近藤弘著)

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

アワビ、キス、トコブシ、イワシ、アカムツ、クロムツ、カンパチ、サヨリ、ハマグリ、タチウオ、真鯛、金目鯛、花鯛、煮アナゴ、アジ、締めサバ、シマアジ、コハダ、地たこ、アオリイカ、赤貝、サザエ、ウニ、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます


※午後6時以降のご来店はご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話(0470551004)でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。

posted by らかん at 08:31| Comment(0) | 寿司の歴史と雑学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。