2018年10月03日

天然クロアワビの共肝のせ!軟らかく仕上がっています。

鋸南町の気温は21℃ 曇り

クロアワビ(黒鮑)

アワビはワカメやカジメなどの海藻をエサにするので、海藻の栄養素がそのまま凝縮されてアワビの栄養分となります。今年は餌のカジメが少なく、あまり大きくは育っていませんが、蒸したクロアワビに、じっくりと煮たアワビの肝で供します。軟らかく蒸しあがったアワビは優しい磯の香が広がり味わいは絶品です。

20171222_150923 _470.jpg

鮑は、低脂肪・高たんぱく・低コレストロールで低カロリー、ミネラル類が豊富(銅、亜鉛、鉄分、マグネシウム)で、コラーゲンが非常に豊富です。さらに、タウリン、カリウム、ビタミンA・B・Cが豊富に含まれてまさに栄養の宝庫です。

20171222_awabi470.jpg

貝の身の固さがコラーゲンの多さと比例すると言われます。アワビの身は特に固くコラーゲンが多い理由です。コラーゲンには、皮膚などを若々しく保つ働きや、骨を丈夫に保つ働きがありますから、老化予防には最高の食材です。

20161212_152848_470.jpg

中国では、秦の始皇帝がアワビの殻を不老長寿の妙薬としていた。楊貴妃が美容のために好んでアワビを食べていた等の伝説があります。また日本でも、平将門、織田信長、徳川家康や卑弥呼は好んでアワビを食べていたといわれます。

現在お祝いごとに使われる熨斗袋(のしぶくろ)の「熨斗」は、もともとはあわびを薄く裂いて乾燥させた物で、アワビは古くから慶事には欠かせないものでした。

アワビも養殖が盛んですが、餌として、褐藻類、人工飼料やアラメ等を与えて養殖しますが、人工飼料与えて育てると殻が青〜緑色のエメラルドグリーンになり成貝になってもこの色が消えないので養殖アワビとわかります。天然アワビの殻は青光りはしません。

20160130_102913_470.jpg

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

カワハギ、煮ハマグリ、カツオ(戻り)、ヒラメ、シマアジ、サワラ、キス、トコブシ、アマダイ、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、アワビ、サザエ、アジ、生サバ、シメサバ、イワシ、コハダ、地たこ、ダルマイカ、ウニ、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時00分(LO;7時30分)
※定業日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。
※午後7時以降のご来店はご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004

Facebookもよろしくお願いします。
posted by らかん at 08:21| Comment(0) | 本日の寿司種
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。