2021年02月12日

初鰹が入荷しました!

鋸南町の気温は3℃ 晴れ

新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令により、飲食店に営業時間の短縮延長を要請が行われましたので時短営業を継続いたします。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。 
※ご来店時は密を避けるために、午後5時半までにご予約をお願いします。
※自粛期間中(2月8日より3月7日)の営業時間は午前11時から午後7時まで。酒類のご提供は午後7時までです。

初ガツオ(初鰹)
スズキ目サバ亜目サバ科

走りの初鰹が入荷しました!勝浦に水揚げされた鰹は、国内ブランドのカツオです。臭みも無く多くの食通が旨いと認める味です!

IMG_20190518_092232_600.jpg
(初カツオ、さっぱりとした味わいです)

春から初夏にかけ、黒潮にのって太平洋岸を北上するかつおを初鰹と言います。エサを求めて暖かい海に向かって北上するので味はさっぱりとしていますが、勝浦産のカツオは適度な脂がのっています。逆に秋になると海水温の低下に伴って、三陸の海から関東以南へ南下してくるかつおを戻り鰹と言います。餌をたっぷり食べて南下してくる戻り鰹は脂がのっています。

目には青葉山ほととぎす初鰹(江戸中期の俳人山口素堂の詠んだ句)

IMG_20190518_092311_470a.jpg

初鰹の値は今でも高めですが、江戸時代の当時の初鰹は、「まな板に 小判一枚 初鰹」(宝井其角)と詠まれるくらいに極めて高価でした。また「初鰹は女房子供を質に置いてでも食え」といわれるほどの人気の魚でした。旬の走りに高価な鰹を食べるということが粋、安くなるまで待って食べるのは野暮と言われ、初物に手を出すのが江戸っ子の粋の証、逆に当時のマグロは大量に獲れて非常に安かったのです。

IMG_20190208_134925_470.jpg

本日の寿司種です。(ご来店時は、ご予約をお願いします)

カツオ、カスゴ鯛、サヨリ、アマダイ、タチウオ、カンパチ、シマアジ、金目鯛、真鯛、花鯛、コハダ、赤貝、アオリイカ、アカムツ、アジ、アナゴ、ウニ、サバ、サザエ、アワビ、たこ、ヒラメ、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※ご来店の際はご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話(0470551004)でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。

タグ:初ガツオ
posted by らかん at 13:28| Comment(0) | 本日の寿司種
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。