2018年04月09日

勝浦産のカツオは最高に旨い!

鋸南町の気温は15℃ 晴れ

勝浦産のカツオ
スズキ目サバ科

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」と、山口素堂(江戸中期の俳人)は詠みましたが、当時の江戸では、「まな板に 小判一枚 初鰹」(宝井其角)と謳われるほど初鰹は非常に高値でした。また「初鰹は女房子供を質に置いてでも食え」と言われるほど大人気で、これが江戸っ子の粋の証でもありました。

20180406_183853_470.jpg

当店のカツオは勝浦産のカツオで、延縄漁で獲るカツオです。
※延縄(はえなわ)は、1本の幹縄に多数の枝縄(これを延縄と呼ぶ)をつけ、枝縄の先端に釣り針をつけた構成となっている。また延縄を用いた漁法を「延縄漁」と呼ぶ。

この漁法は、エサを撒いて魚をおびき寄せる方法と違ってエサを撒かずに獲るので、魚の腹の中にエサが残らないという利点があります。獲ってすぐに食べるのなら、たとえエサが腹に入っても直ぐに内臓処理をすれば臭みはないのですが、中央市場から業者に渡り、商店へ行き消費者の口に入るまでにエサの臭みが身に残ります。そのカツオの臭みが嫌いということでカツオ嫌いが多くなる原因です。そこでカツオを提供する店側では臭みを消すために、芽ねぎ、つまみ菜、みょうが、ネギ、生姜等の様々なあしらいをしてお客様に供します。

カツオ.jpg
(勝浦産カツオ)

当店のカツオは、エサを撒かない延縄漁なので臭みは全くありません。勝浦産はこの点で他の漁法のカツオより高値で取引されます。

遠洋で漁獲されるカツオと違って近海の勝浦で獲れるカツオは小ぶりで脂がのり肉質も軟らかく非常に味がいいです。カツオが苦手だった方も、当店でカツオを召し上がってからカツオが大好きになります。今は産卵前で脂ものって美味です。本来のカツオの味を是非味わってください。

20180406_183827_470.jpg

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

カツオ、トコブシ、生トリガイ、カマス、サヨリ、春子鯛、シマアジ、アオヤギ、ハマグリ、花鯛、真鯛、甘鯛、金目鯛、煮アナゴ、ヒラメ、アワビ、サザエ、アジ、サバ、イワシ、コハダ、地たこ、ダルマイカ、赤貝、ウニ、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※休日はご予約の方を優先させていただきます。
※午後7時以降のご来店はご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。

タグ:カツオ
posted by らかん at 09:43| Comment(0) | 本日の寿司種
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。