2016年05月21日

鋸山登山口と隧道と明金岬

鋸南町の気温は21℃ 晴れ

「町報きょなん」に随分と懐かしい写真が掲載されました。

20160510_111734-1.jpg

現在の国道から日本寺の観光道路への入口付近の昭和初期頃の風景です。鉄道が開通したのが大正七年ですからそれ以降です。橋の両側に登山者相手のお休み所がありました。【やすみ所 山六】というお店です。前を通る道は現在の国道よりかなり細い道だったことが分かります。(町報きょなんより)

z.jpg

元名海岸を望む風景。左手に鋸山の明鐘隧道口と歩く人の姿が見えます。江戸時代までここには隧道(トンネル)など無く、保田と金谷の往来は明鐘岬の突端の岩場伝いを歩いて抜けるとても危険な道しかありませんでした。明治になり全国的な交通網の整備が行われ、鋸山に隧道が完成したのが明治21年でした。ようやく人々はは安全に安房と上総の行き来が出来るようになったのです。この翌年の22年に夏目漱石は学友と保田に海水浴に訪れ、鋸山にも登りました。そして、出来たばかりのこの隧道を見て感激しています。(町報きょなんより)

千葉 保田 明金岬の海岸.jpg
(明金岬の海岸側を写したハガキです)

明金岬というと、2014年に『ふしぎな岬の物語』で映画化された喫茶店『岬』が有名です。第38回日本アカデミー賞優秀賞を最多13部門ノミネート、第38回モントリオール世界映画祭にて、審査員特別賞グランプリ&エキュメニカル審査員賞をW受賞。どこか懐かしさ漂う里の、岬の先端に立つ小さな喫茶店に集まる人々と女店主の交流を描く、心温まる物語

misaki.jpg

misaki.jpg
(喫茶店『岬』画像と下記の文はここから)

「岬」の経営者は、玉木節子さん。熊本県出身の両親が、明鐘岬で石材を切り出していた。採石スペースが限界を迎え、両親は出身地にちなんだ飲食店「阿蘇」を開店する。その後、玉木さんのおいがライブハウス「ASO」に切り替え、さらに玉木さんが隣接地に喫茶「岬」を出す。手づくりの喫茶店は風雨の強い岬の突端にある。平成23年(2011)1月20日夜、火災で焼失してしまう。名前は違えど、親の代から親しんだ店。玉木さんには大きな衝撃だった。が、常連客や協力者も多く、再建作業が続けられる。その年の12月22日には、ユニットハウスで営業を再開する。

その後「岬」ファンの小説家の森沢明夫さんの小説『虹の岬の喫茶店』が世に出て、2014年に『ふしぎな岬の物語』で映画化されました。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

サヨリ、カマス、サワラ、カレイ、ヒラメ昆布〆、黒ムツ、生トリ貝、イワシ、サザエ、コハダ、アオヤギ、アジ、タチウオ、甘鯛、花鯛、真鯛、金目鯛、カツオ(勝浦産)、地たこ、アオリイカ、ヤリイカ、煮アナゴ、煮ハマグリ、赤貝、自家製玉子焼き(有精卵使用)、ウニ、イクラ醤油漬け、マグロ他
susi521.jpg
※入荷が少ないので載せていない寿司種もございます。
皆様のご来店をお待ち申し上げます

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。
タグ:歴史資料館
posted by らかん at 09:25| Comment(0) | 保田の歴史、文化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。