2019年06月04日

実も種も葉もすべて薬効があるとされる枇杷

鋸南町の気温は19℃ 晴れ

古くから、実も種も葉もすべて薬効があるとされる枇杷の収穫が最盛期となっています。疲労回復、下痢止め、湿疹、あせも、咳止め、健胃、制ガン作用などと薬効が言われています。

biwa.jpg
(南房総の枇杷の実も大きく育ち、食べ頃となっています)

biwa11.jpg
(種は土に埋めておくと育ちます。鉢植えでも大丈夫です)

biwa5.jpg
(9月頃の綿毛の付いている青々とした葉はお茶に適しています)

biwa6.jpg
(水で綺麗に洗います)

biwa8.jpg
(細かく刻んで利用します)

biwa7.jpg
(刻んだ葉を天日干しします。1週間程でからからに乾燥します)

biwa3.jpg
(600mlくらいの水に6g程の葉をいれて5分位煮沸したものをポット等に移します)

biwa2.jpg
(苦味もなく爽やかな香りと口当たりの枇杷葉茶です)

びわは、バラ科に属する植物で『最新和漢用植物』によると、ビワの葉の成分は、ブドウ糖、ショ糖、果糖、マルトース、でんぷん、デキストリン、酒石鹸、クエン酸、リンゴ酸、アミグダリン、タンニン酸となっており、文献によっては、去痰作用のあるサポニンも含まれていると記されているものもあります。
これらの成分の中で特に有効なものは、アミグダリンをはじめとするクエン酸、リンゴ酸、酒石鹸などの有機酸です。有機酸はタンパク質を消化するために欠かせない成分です。

高血圧で悩んでいる方必見
血流を改善し血圧を安定させ、血管を柔軟にし血栓を予防する、そして筋肉疲労を回復させ基礎代謝も上げてダイエットにも役立ち、さらに肝機能を高め肝臓に脂肪をつきにくくさせるという夢のような成分が一酸化窒素、NO(エヌオー)です。この一酸化窒素は、運動や食事で体内で作られるのですが、30歳を過ぎると産生力は減ります。そのためサプリメントを上手に利用することも大切となってきます。

アミノ酸の一種アルギニンとシトルリンを摂取すると体内でNOが合成されるのを助けるという発見により1998年アメリカの医学者3名がノーベル医学賞を受賞し話題になりました。そのNOを簡単に摂取できる飲み物があります。私も飲んでいる【ビーツジュース】です。個人輸入で6100円で購入できます。非常に優れているもので、日本では手に入らないので是非興味がありましたら飲んでみてください。日本語で簡単に個人輸入ができます。
image.jpg
初回注文時には、【1610786うつぎ】と記入が必要です。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

シマアジ、キス昆布締め、カツオ、トコブシ、カレイ、サヨリ、サワラ、アオヤギ、赤貝、サザエ、アワビ、ハマグリ、タチウオ、ヤガラ、クロムツ、カスゴ鯛、甘鯛、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、アジ、タコ、アオリイカ、生サバ、イワシ、コハダ、竹岡産ムラサキ海胆、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

20170623_082800_470.jpg

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(午後7時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
タグ:枇杷葉茶
posted by らかん at 09:39| Comment(0) | 日々是好日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。