2019年05月31日

かすご鯛も名残りの季節になってきました!

鋸南町の気温は20℃ 晴れ

春日子鯛(かすごだい)

春日子鯛は、定置網で漁獲しますが、漁獲量は大変少なく希少です。春日子鯛とは鯛の稚魚で、その名の通り春の時期に産まれます。 桜の花びらのような淡い色合いから、桜鯛とも呼びます。優しく甘い味わいです。

IMG_20190323_084149_470.jpg
(かすご鯛)

名前の由来は、『日本国語大辞典』第4巻によると「かすごだい」とは「魚「血鯛」(ちだい)「真鯛」(まだい)の異名。またそれらの幼魚をいう。かすご。」『翻刻江戸時代料理本集成』第8巻によると、「「数子鯛」(かすごたひ)。鯛の子寸はかりより三寸計り迄のものをかすこ児鯛と云。是漁者(れうし)の網中に数多得る故、数子鯛と云を混(あやま)りてかすごたひと云。」と文献には残っていますが、今は春にちなんで、春子鯛や春日子鯛と呼ばれます。

『青葉鰹に桜鯛』とは、カツオは青葉・若葉の季節、タイは桜の咲く頃が旬。
春先、東京湾に集まるサクラダイには『姿身の鯛』の異名がある。

20170408_120710_470.jpg

この鯛はマダイ、チダイ、キダイ(れんこ)の小さな物が総て春日子鯛となる。タイを三枚に卸し、皮付きで塩をします。これをさっと酢で洗うくらいの加減が良い。幼魚なので脂も味の主張も殆どない。すし飯との絶妙な一体感でほおばると、口中からさらっと消えて行き、優しい味わいが残り忘れられない味です。

IMG_20190323_084149_470.jpg

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

シマアジ、キス昆布締め、カツオ、トコブシ、カレイ、サヨリ、サワラ、アオヤギ、赤貝、サザエ、アワビ、ハマグリ、タチウオ、ヤガラ、クロムツ、カスゴ鯛、甘鯛、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、アジ、タコ、アオリイカ、生サバ、イワシ、コハダ、竹岡産ムラサキ海胆、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)、

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(午後7時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
posted by らかん at 09:14| Comment(0) | 本日の寿司種
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。