2018年06月18日

自家製玉子焼きは江戸前寿司の基本です。

鋸南町の気温は21℃ 曇り
※大阪、京都で大きな地震が発生しました。皆様がご無事でありますようにを心よりお祈り致します。

自家製玉子焼き

近頃では、自家製の玉子焼きを握るすし店が少なくなってきました。すし店のオーナーとは別に雇われた職人がいるすし店では、職人が変わると、その都度、玉子焼きの味が変わるのは困るので、市販の玉子焼きに依存してしまうわけです。当店は、元々が日本料理店なので、だし巻き玉子は当たり前の仕事です。代々自家製のだし巻き玉子焼きの味が継承されています。

20180618_100919_470.jpg

昭和50年初版『すし技術教科書』より
今日、玉子焼きといえば、大半が、族に『河岸玉』とか『すし玉』などという、魚河岸や市場で売っている玉子焼きを使用している。玉子焼きは、光もの、煮ものとともに、昔は江戸前ずしの基本をなす仕事であり、どこの店でも欠かす事のできないものであった。

tamagoyaki0.jpg

20180618_095952_470.jpg

20180618_100114_470.jpg

味付けが複雑なうえに、焼き上げの技術も難しいところから、『玉子焼きを食べれば、その店のすしの良し悪しがわかる』と、よく言われたものである。それだけにどこの店でもそれぞれに工夫を凝らして、自家製の玉子焼きを作っていた。

tamagoyaki.jpg
tamagoyaki5.jpg

現在、すし店で使う玉子焼きを大別すれば、生身(魚のすり身)を入れる厚焼き玉子と薄焼き玉子、生身を入れぬだし巻き玉子と薄焼き玉子の4種類に分けられる。

5.jpg

このうち、生身を入れぬ薄焼き玉子は、普通に切って握る以外に、柏玉子と言って、すし飯を柏もちのように包むやり方でも使われていた。今日では、ごくわずかのすし店に、その伝統が生きているだけであるが、この薄焼き玉子は、卵にみりん、砂糖、塩を加え、さらに醤油を2〜3滴加えるか、それにだし汁を少量加えて、厚さが3ミリから5ミリ程度に焼くものである。三本箸を使ってひっくり返して焼くのだが、薄くて崩れやすいので中々難しい仕事であったと伝わる(倉田華太郎氏談)。

7.jpg

生身入りの玉子焼きの場合は、入れる魚の種類によってもう一つ味を左右するという問題も生じる。
厚焼き玉子は、現在市販されている厚焼き玉子に似たもので、昔のすし店で一般に焼かれていたのは、厚焼き玉子であった。その基本は、すり身が良く混ざり、玉子がもろもろにならぬように、炭火でふっくらと弾力豊かに焼き上げることにあった。

8.jpg

これに対して、生身を入れぬだし巻き玉子は、元々は日本料理の仕事ゆえに、すし店ではほとんど使われなかったと言われる。

9.jpg

しかし、近年は、すし店にぽつぽつと数を増してきて、自分の店で焼く玉子焼きは、昔とは逆にだし巻き玉子が主流になってきた。このような傾向は、市販品の厚焼き玉子の平均化された味を嫌い、その店独自の味を、だし巻きで工夫しているだけに、伝統の真の継承が伺える。

20180618_100500_470.jpg

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

岩牡蠣、キス、バイガイ、シッタカ、カツオ、トコブシ、春子鯛、アオヤギ、花鯛、真鯛、甘鯛、金目鯛、煮アナゴ、カレイ、アワビ、サザエ、アジ、生サバ、シメサバ、イワシ、コハダ、地たこ、ダルマイカ、ウニ(北海道、竹岡)、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※休業日:21日、28日
※休祝日・連休はご予約の方を優先させていただきます。
※午後7時以降のご来店はご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。

posted by らかん at 09:28| Comment(0) | 寿司の歴史と雑学

2018年06月08日

成長過程のコハダが旨い!

鋸南町の気温は23℃ 晴れ

コハダ(小肌)
ニシン目コノシロ科コノシロ亜科

コハダは成長と共に、名前が変わる出世魚です。
シンコ⇒コハダ⇒ナカズミ⇒コノシロ
7月頃の生まれたばかりの幼魚がシンコで3〜4p、コハダはそれより成長して10p位ですが、そこまで大きくなる前の7〜8p位のコハダが大変優しい味でお客様には大人気です。

kohada470.jpg
(7p程のコハダ2枚付け)

20170111_135412_470.jpg

20170111_135317.jpg

いずし、飯鮓、魚鮓
(すしの本・篠田統著)

(いずしとは旬の新鮮な魚を酢でしめて、糀、米、野菜などでじっくりと時間をかけて発酵させ、漬け込んだものです。)
いずしと称するものは東北から北海道へかけて盛んに漬けられているが、一方岡山県でもこの名のものにお目にかかる。それぞれ内容は全然異なるので、いずしという言葉のもとも、いいずし(飯鮓)から来たのと、いおずし(魚鮓)の転訛と見るべきものと、二様考えるのが良さそうだ。

朝鮮にキムチという漬物がある。いわゆる朝鮮漬けといわれるもので、白菜の葉の間に唐辛子を詰め込み、糀や明太魚と一緒に漬け込んだ、やたらに辛くておまけに妙な臭気をもった代物だが、お好きな方々にはとても人気がある。

img10153523846.jpg

裏日本のいずしは、このキムチの日本型で野菜よりも魚の方が主となったものと考えてはいけないだろうか。

つまり、生成れを漬け込むのに野菜類を多分に混ぜ、また、しばしば糀を併用するので、出来上がりは尋常の馴れずしに比べて、甘みが多く、かつ水っぽく、ビシャビシャしている。この型で有名なのが加賀金沢一円に漬けられる蕪ずし、飛騨のねずし、秋田のはたはたずし、あの辺りから北海道へかけてのいずしなど。表日本では、備後のしばずしもこの類に近い。
酒田の粥ずしや鹿児島の酒ずしも一緒にしてよろしかろう(原文まま)

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

岩牡蠣、キス、バイガイ、シッタカ、生鳥貝、カツオ、トコブシ、サヨリ、春子鯛、アオヤギ、花鯛、真鯛、甘鯛、金目鯛、煮アナゴ、カレイ、アワビ、サザエ、アジ、生サバ、シメサバ、イワシ、コハダ、地たこ、ダルマイカ、ウニ(北海道、竹岡)、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※休業日:6月13日、14日、21日、28日
※休祝日・連休はご予約の方を優先させていただきます。
※午後7時以降のご来店はご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。

posted by らかん at 08:24| Comment(0) | 寿司の歴史と雑学

2018年05月21日

今が旬の地物の赤貝が旨い!

鋸南町の気温は21℃ 晴れ
※5月23日(水)、31日(木)休業致します。

赤貝

過去には東京湾江戸前の海で赤貝は多く獲れたので、江戸前寿しの代表的な寿しネタでしたが、今は数が少なくなり、輸入ものに頼っている所が多いです。でも、千葉県産地物の赤貝と輸入物では旨さに雲泥の差があります。

20180507_155354_470.jpg
(赤貝寿し)

千葉県産の赤貝は、身もふっくらとして肉厚で非常に美味しいです。また、宮城県名取市閖上港に上がる赤貝も閖上(ユリアゲ)と言って、都内では一番高値で取引されています。
夏の終わり頃に産卵期を迎えるので、春から夏にかけて身が厚くなって旨さが濃くなります。まさに今が旬です。

20180507_155336_470.jpg

この貝は、血液中に人間と同じヘモクロモーゲンと呼ぶ色素を持っているため人間の血液に似て赤いので赤貝と呼ばれる。(和名類聚抄より)

東京ずし雑話

東京江戸橋「吉野鮨」主人 吉野f雄さんは、このごろは店を息子に任せて、野口元夫としてもっぱら役者業に精を出しているが、すし学にも至極熱心な仁で種々面白い話をご存知だ。以下江戸前ずしについての同氏からの受け売りをすこし並べておく(文責在篠田)

江戸前という言葉は元来鰻屋が言い始めたのを、江戸喰物重宝記に出てくる地曳きずしがまねして、すしにも使い出した。しかも、そのころから鰻屋は江戸前という字をあまり使わなくなったのでおかしな話だ。

亡父のいわくに、すし屋は役者よりもつらい。役者は幕間だけは自分の時間だが、すし屋はつけ場に立ったらトイレで座をはずす訳には行かない(手で握るものゆえ)。東両国に「福ずし」という小さな店があったが、夜の11時までは立ちづめだからとて、3時ごろからは水っぽいものは一切絶った由である。すし屋はこれだけの覚悟がなければいけない。

昔はすし職人は座っていて、客は立ったままだった。それで、目の前に来るお客の口の中をのぞき、舌の上に残る飯の量でその炊け具合を判断した。上手に炊けていたら、一口で舌の上には殆ど米粒は残らないはずである。
魚が新しくて飯が良く炊けていれば、すしが旨いのは当然だ。屋台で二つ三つつまみ、二、三丁歩いて「アアうまかった、満腹した」ではいけない。「もう一つ食いたいナ」と後戻りするくらいがいいのだ、とも言っていた。

すしは、たとえ握りずしでも、馴れる時間が必要だ。握るそばから食べていくのは屋台店のことで、1軒の店をもつ以上、出前で配達して行った丁度そのときに旨くなければいけない。この頃のように、ちゃんと一軒の店を構えていながら、握るそばから食べるナンて風は、大正12年の東京大震災以後の話だ。あれで、屋台店がなくなって、一軒の店を構えるのは良いが、屋台店の風まで店に持ち込んじゃったのだ。(文責在篠田)

meiji.jpg
(にぎりずし創業者・花屋與兵衛も家系「両国與兵衛」の明治初期のにぎりずしの図)

このすしの絵はまだ江戸の香りも去りやらぬ明治10年前後の東京にぎりずしの面影を伝える貴重な資料である(吉野f雄)


本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

太刀魚、バイガイ、アサリ、ハタ、生トリガイ、カツオ、トコブシ、カマス、サヨリ、春子鯛、アオヤギ、ハマグリ、花鯛、真鯛、甘鯛、金目鯛、煮アナゴ、カレイ、アワビ、サザエ、アジ、生サバ、シメサバ、イワシ、コハダ、地たこ、ダルマイカ、ウニ(北海道、竹岡)、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※休日・連休はご予約の方を優先させていただきます。
※午後7時以降のご来店はご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。

posted by らかん at 09:44| Comment(0) | 寿司の歴史と雑学