2018年02月20日

サヨリ寿しと自家製サヨリの一夜干し

鋸南町の気温は7℃ 快晴 

鋸南町では、頼朝桜が見頃となっています。開花状況はこちらです。

サヨリ(細魚)
トビウオ亜目サヨリ科

サヨリは春にかけてが旬で、大きなものは刺身にしますが、小さなサヨリは(えんぴつと呼ばれ15〜20センチくらい)干物にすると最高に美味しいです。内湾で獲れる春先のサヨリはクセのない上品な味わいで甘みがあります。これも楽しみな味です。

sayori002.jpg
(サヨリ寿し)

やっと、一夜干し用のサヨリの水揚げが開始されました。まだまだ水揚げが少ないですが、お客様が楽しみにしている一夜干しなので本格的に仕上げていきます。お酒のつまみには欠かせない最高の肴です。

20180219_470.jpg

湿気の無い風通しの良い乾いた空気の中で作ると良い干物が出来ます。

sayori470.jpg
(口に残るウロコは振り塩をしながら除き、その後干します。)

20160629_470.jpg
(軽く炙って頂きます。)

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

サヨリ、春子鯛、シマアジ、アオヤギ、カツオ、サワラ、ハマグリ、タチウオ、フグ、カワハギ、花鯛、真鯛、甘鯛、金目鯛、煮アナゴ、ヒラメ、アワビ、アジ、生サバ、締めサバ、イワシ、コハダ、地たこ、アオリイカ、ダルマイカ、赤貝、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※午後7時以降のご来店はご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。

posted by らかん at 08:07| Comment(0) | 酒の肴

2017年12月04日

冬至ナマコで作ったナマコ酢が始まりました。

鋸南町の気温は12℃曇り

ナマコ(海鼠)
ナマコ目マナマコ科

老若男女に人気のある松月特製ナマコ酢が始まりました。しかしこのナマコは、中国では黒ダイアといって大変もてはやされ、乾燥ナマコとして輸出したほうがお金になるということで、日本国内で密漁が横行し中々手に入らなくなりつつあります。中国人に高値で取引され日本人の口には入らない日がくるのでは、と心配です。

20171204_132723.jpg

海の中で夜になると海底を動き廻るネズミに似た生き物から海鼠と書きます。
関東・東北地方ではなまこ(青なまこ)が生食用として好まれていますが、赤なまこの方が高級です。また、関西では赤褐色のきんこ(赤きんこ)のほうを珍重しています。きんこは、生で食するよりも、煮物にしたり、乾燥して干しきんこにしたものを柔らかく戻して料理することが多いです。
※キンコ 棘皮動物門ナマコ綱キンコ科(身は固く味わいに欠ける。身よりもワタの方が味がある。)

20171204_namako.jpg

なまこは気温の下がってくる、秋から冬にかけてよく餌を食べるため、「冬至なまこ」と言われるように、12月から1月の冬のナマコが最も美味しいです。特に茶褐色のアカナマコの味が最上です。

namako.jpg
(高級なアカナマコ)

体形は円筒形で、先端が口で、口の周りには冠状に触手が花びらの様に見えます。

栄養的には水分が90%近くあり、たん白質は2%で低いのですが、海の人参とも呼ばれるように、骨片に含まれるコンドロイチンが内臓や皮膚の老化を予防するといわれます。またナマコの身はアルカリ性のため消化もよく、昔から肝臓の働きを強化し、酒毒を中和することがよく知られており、それゆえに酒の肴に用いられてきたといわれます。酒好きには最高の肴です。ナマコは太くて短く、イボがはっきりと隆起し固く肉質がしまっているものが鮮度がよいです。

ナマコは見た目はあまり美しくないのですが、栄養価が高いので是非食して頂きたい一品です。

1.ビタミン(B群・E)、ミネラル(カルシウム・鉄・亜鉛)の豊富な栄養成分が含まれている。
2.中国では、ナマコが慢性肝炎の治療薬として利用されている。
3.動脈硬化を予防する作用、便秘の改善、利尿効果があるとされている。
4.コラーゲン、コンドロイチンが含まれているので美肌効果や関節痛や腰痛に良いとされる。

konowata2.jpg
(塩をして熟成させて酒豪の珍味とされるコノワタを作ります)

コノワタを舐めて酒豪の列にいる(小寺燕子花の川柳)

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

メジマグロ、ブリ、ヤガラ、シマアジ、ヒラメ、アマダイ、カワハギ、サワラ、コチ、カンパチ、アワビ、トコブシ、クロムツ、タチウオ、真鯛、花鯛、金目鯛、カツオ(勝浦産)、アジ、サバ、イワシ、コハダ、地たこ、アオリイカ、ダルマイカ、煮アナゴ、煮ハマグリ、サザエ、赤貝、自家製玉子焼き、ウニ、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

水仙まつり12月16日(土)−2月4日(日)
水仙の開花状況はこちらです。
鋸南町営循環バス時刻表.pdf
12/16〜2/4日の土・日・祝日のみ臨時便が運行されます。問い合わせは0470-55-4801へ
※年末年始は31日、1日が休業、新年は2日より営業いたします。
※6時以降にご来店時はご予約をお願いします。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。
posted by らかん at 14:28| Comment(0) | 酒の肴

2017年11月24日

寒ブリの煮物は4日間かけてじっくりと煮て仕上げています。

鋸南町の気温は13℃ 晴れ

脂がのってきた寒ブリの煮物
ブリ(鰤)
スズキ目アジ科ブリ属

冬のブリは、寒ブリといって最高に脂がのって美味しいです。天然ブリは、身肉中のエキス分に由来する旨味成分が多く、エキス窒素、ヒヌチジン、トリメテルアミンオキサイドなどの量が多いので、味は濃厚です。これに対して、養殖物は身肉がやわらかく、旨味成分は少ないです。養殖ブリが多く出回っていますが、ブリは肉食で主に小魚を餌にし、甲殻類や頭足類も食べているので、天然ブリの味には及びません。

burini5.jpg
時間をかけてじっくりと煮ているので、骨まで軟らかです。※撮影用なので汁は入れてません。


kanburi0.jpg
(寒ブリ)

burini2.jpg

burini6.jpg

burini4.jpg

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

ブリ、ヤガラ、シマアジ、ヒラメ、ギラ、マハタ、アマダイ、シマアジ、カワハギ、サワラ、コチ、カンパチ、キス、アワビ、トコブシ、クロムツ、タチウオ、真鯛、花鯛、金目鯛、カツオ(勝浦産)、アジ、サバ、イワシ、コハダ、地たこ、アオリイカ、ダルマイカ、煮アナゴ、煮ハマグリ、サザエ、赤貝、自家製玉子焼き、ウニ、他
(魚介は全て天然物です)
皆様のご来店をお待ち申し上げます

らかん寿司松月HP
水仙まつり12月16日(土)−2月4日(日)
水仙の開花状況はこちらです。
鋸南町営循環バス時刻表.pdf
12/16〜2/4日の土・日・祝日のみ臨時便が運行されます。問い合わせは0470-55-4801へ
※年末年始は31日、1日が休業、新年は2日より営業いたします。
※6時以降にご来店時はご予約をお願いします。

お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。
posted by らかん at 10:53| Comment(0) | 酒の肴