2019年07月17日

本日の寿司種と浮島伝説

鋸南町の気温は24℃ 曇り
※21日(日)臨時休業致します。

毎日雨ばかりで、気も滅入ってしまう毎日ですが、美味しい魚を食べて元気に過ごしてください。梅雨明けは今月末のようです。

20160611_085950 _470.jpg

IMG_20190406_113219_470a.jpg

IMG_20190604_095621_470.jpg


浮島伝説(ヤマトタケルと景行天皇)

Uki-Island_.jpg
(浮島・千葉県安房郡鋸南町沿岸の東京湾にある島)

勝山海岸から1.1キロメートルの距離にあり、周囲は792メートル、高さ60メートルあり、6,216坪の面積がある。島内には浮島神社があり、毎年7月第2土曜日に祭礼があり、翌日の日曜日には島渡しが行われる。 大ボッケ、小ボッケと呼ばれる二つの属島がある。これらはかつて浮島と一つの島だった。

--浮島伝説--

勝山沖にある浮島(うきしま)は、古代ロマンに満ちた伝説が伝わります。その昔、大和朝廷から東国平定を任された景行(けいこう)天皇の皇子、ヤマトタケルノミコトが、相模から内海(現在の東京湾)を渡ろうとすると、突然の大嵐で、船が沈みそうになりました。その時、妃のオトタチバナヒメが身代わりに海に身を投げて、海神の怒りを鎮め、無事房総に渡ることができたのです。ヒメのなきがらが流れ着いたのが、勝山海岸にあるみさご島と言われます。

東国平定を成し遂げたヤマトタケルの死後、父の景行天皇は、同じ旅路をたどり、浮島に来ました。浮島がとても気に入った天皇は、しばらく滞在したといいます。

この時、天皇に同行していたイワカムツカリ(磐鹿六雁命)が、浜辺でとれた大きな蛤や、角で作った弓の先で釣り上げた堅魚(鰹)を料理して天皇に差し上げたところ、たいそう喜ばれ、以来、天皇家の料理番となりました。のちに料理の神様としても祭られるようになりました。勝山は日本料理文化の発祥地でもあります。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

アカムツ、マゴチ、シンコ、アジ、赤貝、アオリイカ、イワシ、カスゴ鯛、コハダ、キス昆布締め、クロムツ、サザエ、サヨリ、シマアジ、タコ、タチウオ、トコブシ、トラフグ白子、ハマグリ、ヒラメ、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、生サバ、海胆、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(午後7時以降は要予約)
定休日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします
posted by らかん at 10:27| Comment(0) | 保田の歴史、文化

2018年11月25日

浮世絵の祖・菱川師宣の育った保田には美味しい魚が一杯です。

鋸南町の気温は15℃ 晴れ

見返り美人で有名な菱川師宣は保田出身です。生家跡を訪ねて見える方も沢山いらっしゃいます。
今、海の中では魚たちが冬を迎える準備をしています。是非。脂ののった魚を堪能してください。

本日入荷の寿司種です。

カンパチ、イナダ、ギラ、クロムツ、アカムツ、ホウボウ、メジマグロ、真鯛、花鯛、甘鯛、金目鯛、キス、サワラ、イワシ、サバ、コハダ、アワビ、サザエ、ヒラメ、カツオ(勝浦産)、アジ、地たこ、ヤリイカ、煮アナゴ、赤貝、自家製玉子焼き、ウニ、イクラ他
肝和え.jpg
(カワハギ肝和え)

カワハギ肝のせ.jpg
(カワハギ寿し、肝のせ)

菱川師宣は、安房国保田(千葉県鋸南町保田)で縫箔刺繍業を営む父菱川吉左衛門と母オタマの間に、7人兄弟の第4子長男として誕生。俗称は吉兵衛、晩年には剃髪して友竹と号しました。生年は不祥ですが、寛永年間の中頃(1630年頃)と推定されています。

moronobu.jpg
(菱川師宣自画像)

幼い頃より絵を描くのが好きだった師宣は、家業を手伝い、刺繍の下絵などを描くかたわら、漢画や狩野派、土佐派などの諸流派に接し、独学で画技を磨きました。 その後、江戸に出た師宣は、まず版本の版下絵師として活躍。文章を少なく、挿絵を大きく取り入れた絵本で、江戸の庶民の人気を獲得しました。さらに鑑賞用絵画としての木版摺りの一枚絵を手がけ、絵画文化の大衆化に貢献しました。これが後の浮世絵版画のもととなったのです。

buronzu.jpg
(見返り美人ブロンズ像)

師宣は、江戸の庶民を題材とした風俗画を描き、その情報発信にも着目していました。肉筆画においても、歌舞伎や吉原遊里の風俗をこまやかに、色鮮やかに描き、「見返り美人図」に見られるような独自の女性美を追求し、「浮世」と呼ばれた当時の世相にマッチした新しい絵画様式を確立しました。 また師宣は故郷保田をこよなく愛した絵師でもあり、落款には「房陽」「房國」と冠称し、房州生まれの絵師であることを誇示したり、保田の別願院には父母や親族の供養のための梵鐘を寄進しています。

bonsyou.jpg
(別願院にある梵鐘)

元禄7年(1694)6月4日、師宣は江戸で亡くなり、遺骨は別願院に葬られたと思われます。
日本が世界に誇れる絵画文化「浮世絵」。その誕生は、菱川師宣という一人の絵師の活躍から始まるのです。
(※画像は菱川師宣記念館より・http://kyonan-info.jp/hishikawa/

皆様のご来店をお待ち申し上げます

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。
posted by らかん at 10:16| Comment(0) | 保田の歴史、文化

2018年07月17日

きょなんの海と文豪(漱石、八十の夏の思い出)

鋸南町の気温は26℃ 晴れ

プールで遊ぶ子供が増え、海で泳ぐ子供達も少なくなりましたが、かっての保田は夏になると多くの避暑客で賑わっていたものです。そしてここ鋸南町保田は房州海水浴発祥の地でもあります。いよいよ今年も、海水浴場のオープンが近づいてまいりました。鋸南町の海水浴場を開設期間は、勝山・保田海水浴場;7月21日(土)〜8月12日(日)、大六・鱚ヶ浦・元名海水浴場; 7月28日(土)〜8月12日(日)となっております。

umi01.jpg
(波が穏やかな海)

保田は明治以降、多くの避暑客でにぎわう避暑地として人気がありました。多くの文人墨客も訪れ、作品の中の舞台として登場させています。夏目漱石は、明治 22 年(1889)8 月、22 歳の時、第一高等中学の学友 4 人と房州を訪れています。汽船で保田に着いたのが 8 月 7 日。保田での滞在は約十日間で、昼は海水浴や鋸山散策。夜は酒盛りに囲碁、カルタと学生時代の夏休みを大いに楽しんだようです。旅から帰ると、漱石はこの旅の紀行漢詩文集「木屑録(ぼくせつろく)」を書き上げました。

souseki.jpg
(夏目漱石)

これによると、日焼けでしだいに真っ黒になっていく自分を鏡で見て驚く漱石が書かれています。
また、若さゆえの今の自分に苦悩し寝付けぬ夜もあったようです。この房州旅行は、後の文豪、漱石の文学的資質を作る一つの転機となったと言われます。小説「こころ」には保田が舞台となる場面もあります。それによると、保田はどこもかしこも生臭いとか、海に入れば大きな石がごろごろしていると、あまりいい印象ではないようです。しかし、鋸山の景観には深く感じ入ったようです。この漱石の海水浴を記念し、保田海岸には房州海水浴発祥地の石碑が建てられました。

hotaumi002.jpg
(房州海水浴発祥地の石碑)

詩人、西条八十(さいじょうやそ)も保田を愛した一人です。早稲田中学時代から保田にたびたび避暑に訪れていた八十は、保田海岸でその幻想的な詩風を培いました。今なお歌い継がれている童謡「かなりや」は、保田で創作されたもので、大正 7 年(1918)に児童雑誌「赤い鳥」に発表され、26歳の新人無名の八十が世に出るきっかけとなった名作です。保田で出会った一人の少女がモデルとも言われ、八十の淡い初恋があった保田海岸です。少女の名前はお幸ちゃん。(※駅前商店街にある、らかん寿し松月の前にかづま旅館があり、そこの娘さんでした。当時10歳ころ)当時は一緒に海水浴をしましたが、のちに彼女は家庭の事情で保田を離れました。その後再開した二人は晩年まで交流が続きました。

yaso.jpg
(西条八十)

---金絲雀(かなりや) 西条八十---
唄を忘れた金絲雀(かなりや)は うしろの山に棄てましょか。
いえ、いえ、それはなりませぬ。

唄を忘れた金絲雀は 背戸の小藪に埋めましょか。
いえ、いえ、それもなりませぬ。

唄を忘れた金絲雀は 柳の鞭でぶちましょか。
いえ、いえ、それはかはいそう。

唄を忘れた金絲雀は 象牙の船に、銀の櫂
月夜の海に浮べれば 忘れた歌を想ひだす。

kazuma.jpg
(当時の面影が残る、かずま旅館)

保田海岸は、古くから富士の見える絶景ポイントで、房総を旅した歌川広重は、「富士三十六景」シリーズで、ここからの富士の眺めを浮世絵版画にしています。

201-2548 (1).jpg
(鋸南町歴史・文化案内書)
789.jpg
(遠くに富士山が見える)

漱石や八十が訪れた当時、鉄道はまだ開通しておらず、東京からの足には、もっぱら汽船が使われた。※東京霊岸島から保田まで船便で5時間近くかかったそうである。

※霊岸島(東京都中央区東部,隅田川河口右岸の旧町名。現在の新川1,2丁目にあたる。)
地名は寛永1 (1624) 年霊巌雄誉上人がこの地に創建した霊巌寺に由来 (寺は明暦の大火後,深川に移転) し,霊巌島とも書いた。

鉄道が開通すると、次第に海水浴客も増えていった。

その頃、石原純と原阿佐緒のスキャンダラスなロマンで、保田は一層有名になった。石原純は、東北大の物理学の教授でアララギ創刊以来の歌人でもあった。原は同じアララギ派の女流歌人。二人はいつしか恋仲になった。石原には大学があり妻子もあった。原には二人の子供があったが、二人は過去の一切を捨て、保田へと移り住んだ。この痴話が新聞に大々的に報じられたと言う。洋風二階建ての建物が保田小の裏にでき、【曖日荘】と名づけられた。

0006.jpg
(石原純と原阿佐緒)

※石原純は、1881年1月15日東京府、日本基督教会本郷教会牧師石原量の長男として生まれる。郁文館中学、一高を経て、1906年7月 東京帝国大学理科大学卒業。長岡半太郎に学ぶ。東北帝国大学助教授時代にヨーロッパに留学し、アインシュタインらのもとで学ぶ。1922年には、アインシュタインの来日講演の通訳をした。日本に相対性理論を紹介するなど、物理学の啓蒙に大きな役割を果たした。1931年から雑誌『科学』(岩波書店)の初代編集主任を務めた。

※原阿佐緒は、1888年(明治21年)6月1日、宮城県黒川郡宮床村(現在の同県同郡大和町大字宮床)に生まれる。宮城県立高等女学校(現在の宮城県宮城第一高等学校)を中途退学し、上京して日本女子美術学校(現在の東京都立忍岡高等学校)で日本画を学び、1909年(明治40年)、新詩社に入って与謝野晶子に師事、『スバル』に短歌を発表。『スバル』終刊後は『アララギ』に移り、今井邦子や三ヶ島葭子とともにアララギ女流の新鋭と見なされるようになる。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

サワラ、サヨリ、シンコ、マゴチ、イナダ、イサキ、カマス、タチウオ、キス、カツオ、トコブシ、春子鯛、アオヤギ、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、カレイ、ヒラメ、アワビ、サザエ、アジ、生サバ、シメサバ、イワシ、コハダ、地たこ、ダルマイカ、ウニ(北海道、竹岡)、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

1496827787589_470.jpg

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※休業日:毎週木曜日
※休祝日・連休はご予約の方を優先させていただきます。
※午後7時以降のご来店はご予約をお願いします。
※6名様以上は必ずご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。

タグ:夏目漱石
posted by らかん at 08:30| Comment(0) | 保田の歴史、文化