2016年04月04日

賑やかだった保田駅前通り

鋸南町の気温は18℃ 雨

町報きょなんに懐かしい写真が掲載されました。
保田の交差点から保田駅前通りを見た風景です。写真左手前にあるのは一刀軒。一刀軒の前の建物は、当時は千葉銀行保田支店でした。昭和44年に保田支店は廃止され勝山支店に統合されて鋸南支店となり、この建物は保田支所として利用されていました。いつの間にか駅前通りの風景も形を変えて現在に至っています。
hota1.jpg

また、ネットには貴重な写真もあります。これは表参道(保田側)から日本寺へ向かう石段です。今は御影石の綺麗な石段になっています。
千葉 鋸山 日本寺 自然の石段2.jpg

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)
カマス、甘鯛、真鯛、春日子鯛、金目鯛、ヤガラ、カツオ(勝浦産)、サヨリ、アジ、イワシ、サバ、コハダ、サワラ(金谷)、タチウオ、アマダイ、ホウボウ、クロムツ、ヒラメ、地たこ、アオリイカ、ヤリイカ、煮アナゴ、煮ハマグリ、サザエ、アサリ、赤貝、自家製玉子焼き(有精卵使用)、ウニ、イクラ醤油漬け、他

kinmedai404.jpg
(又木産の立派な金目鯛)

皆様のご来店をお待ち申し上げます。

※季節限定寿司、店主お勧め寿司ご注文に限り、平日に握り一個サービス中です
※ブログ読者様限定です。(4月20日まで)他のサービスとの併用は出来ません
※ブログを見たと伝えてください。

らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。
TEL:0470(55)1004
※連休中は、魚介が不足しますので、ご予約のお客様を優先させて頂きます
鋸山登山で渋滞を避けて楽しむ方法
佐久間ダム湖親水公園桜まつりは平成28年3月19日(土)〜4月10日(日)
※期間中は開花状況にあわせ、ダム湖周辺でライトアップが行われます。
佐久間ダム湖へは循環バスを利用されると便利です。鋸南町営循環バス時刻表.pdf
Facebookもよろしくお願いします。
posted by らかん at 10:25| Comment(0) | 保田の歴史、文化

2015年12月14日

世界の中心で愛をさけぶ、ドフラインイソギンチャク発見

(世界の中心で、愛をさけぶ)の撮影に使われた浮島沖で、幻のイソギンチャクが110年ぶりに発見というニュースがありました。標本や研究成果は来年1月11日まで、海の博物館で展示しているそうです。

幻のイソギンチャク発見 110年ぶり鋸南沖で 

iso2.jpg
再発見された「ドフラインイソギンチャク」(海の博物館提供)

ukisima.jpg
(浮島)

1904年以来、国内で生息が確認されていなかった「ドフライン・イソギンチャク」が、千葉県鋸南町の沖合で約110年ぶりに見つかった。県立中央博物館分館「海の博物館」(勝浦市)の柳研介主任上席研究員(44)らの研究チームが12日、学術誌上で発表した。外見が似た別のイソギンチャクと混同されていた上、標本の所在が長年分からなかったことから、記録だけが残る“幻のイソギンチャク”となっていた。

 2012年10月、お茶の水女子大学の広瀬慎美子・特任講師が鋸南町の浮島沖で、海洋生物の調査中に見つけた。イソギンチャクに詳しい柳研究員が確認したところ、ドフライン・イソギンチャクに似ていたことから研究グループを組んで調査を開始した。

 触手を含めた長さ20センチほどになる形態や筋肉構造を観察し、DNAを解析。毒の入ったカプセル形の「刺胞」の大きさや位置が、これまでに見つかった個体と同じだったことが特定の決め手となった。

 ドフライン・イソギンチャクは1904年、ドイツ人研究者のフランツ・ドフライン博士が神奈川県の三浦半島沖で採集し、08年に新種として発表した。

 浅海に生息する「サンゴイソギンチャク」に似ていることから国内では混同され、長年見つからなかった。標本は戦前、ドイツ・ミュンヘンの博物館で保管していたが、第二次世界大戦の爆撃から逃れるため郊外に避難させた際に所在不明となった。

 博物館は1985年に再建され、資料整理の結果、標本の所在を確認。その後、アメリカ人研究者が生息状況を調査し、2001年にはニューカレドニア、フィリピンなどの深海で再発見したと発表した。

 19世紀〜20世紀初頭にかけて国内で見つかったイソギンチャクは約50種。その後は存在不明となっている種類も多く、柳研究員は「今後も他の“幻のイソギンチャク”の再発見を目指したい」と抱負を語った。

 標本や研究成果は来年1月11日まで、海の博物館で展示している。
posted by らかん at 17:02| Comment(0) | 保田の歴史、文化

2015年11月11日

昭和53年頃の保田駅前商店街

鋸南町の気温は18℃晴れ 

昭和53年当時の保田商店街には、本当に多くの商店がありましたが、時代とともに町の様子も変化して行き、今はすっかり寂しくなりました。当時は夏休みと同時に、駅から人が大勢降りてきて駅前通りは車が通れないほどでしたが、今は夏休みの過ごし方も変化して、海で泳ぐ子供も少なくなりました。
駅の乗車人数も毎年少なくなり、それと比例して電車の運行数も減って今では1時間に1本です。(1990年の1日乗車人数は721人、2014年は280人です)

5.jpg

バブル期には、大手の会社は保田、岩井に保養所を持っていましたがバブル崩壊を期に建て直しが出来ず撤退。駅前通りも当時はびっしりと店が建ち並んでいましたが、今は閑散としています。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

皮ハギ、アカムツ、カンパチ、真鯛、花鯛、金目鯛、黒むつ、ヒラメ、サワラ、アジ、きす昆布〆、いわし、コハダ、地たこ、いか、サバ、アナゴ(羽田沖)、アサリ、サザエ、アワビ、自家製玉子焼き(有精卵使用)(ウニ、赤貝、イクラ醤油漬け、マグロズケ、トロ他)

※希少な為、入荷が少なくて載せていない寿司種もございます。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。
タグ:保田商店街
posted by らかん at 09:38| Comment(0) | 保田の歴史、文化