2016年10月24日

キーワードは、「まつり」、「火災」

山口連続殺人放火事件
2013年(平成25年)7月21日
山口連続殺人放火事件は、2013年(平成25年)7月21日に山口県周南市大字金峰(旧:都濃郡鹿野町)の集落にて発生した連続殺人・放火事件。集落の住人だった加害者の男H(事件当時63歳)が自宅近隣に住む高齢者5人を殺害して被害者宅に放火した殺人・非現住建造物等放火事件である。
【つけびして 煙り喜ぶ 田舎者 かつを】山口連続殺人放火事件・保見光成
original.jpg

平塚市紅谷町「湘南ひらつか七夕まつり」付近で火事発生
2016/07/10
7月10日午後3時すぎ、神奈川県平塚市で開催されている「第66回湘南ひらつか七夕まつり」の会場付近で建物火災とみられる火事が発生しました。火災発生場所はJR平塚駅のすぐ北側の紅谷町周辺とみられており、一帯には煙が立ち込めたようです。
消防車と救急車が出動している様子などがツイッターに投稿されており、かなりの煙が周辺を覆っている様子が確認できます。また、この火事の影響で周辺道路では交通規制が行われました。
現在までにけが人などの詳しい情報は明らかになっておらず、詳細が分かり次第、随時更新予定です。
「第66回湘南ひらつか七夕まつり」は2016年7月8日から10日かけて開催されており、本日が最終日。火災現場周辺でも多くの人出が確認されています。
hiratuka.jpg

東京杉並サンバ祭り2016/8/07
東京都杉並区久我山で7日、祭り会場に火炎瓶のようなものが投げ込まれて15人が負傷した事件で、現場近くの住宅で首をつった無職の男(68)の自宅から、油のような液体が入った火炎瓶のようなものが10個以上押収されていたことが、警視庁幹部への取材でわかった。
同庁幹部らによると、男は7日午後7時半頃、自宅3階から火炎瓶のようなものを6個、祭りの参加者でにぎわう路上に投げ込んだ疑い。
8日に行われた男の自宅の捜索では、小型無人機ドローンとボウガン(洋弓銃)も見つかった。
男は8日未明に死亡。同庁はこの男が計画的に事件を起こしたうえ、自殺を図ったとみて、容疑者死亡のまま殺人未遂容疑などで書類送検する方針。

suginami0.jpg
suginami01.jpg


黒石よされ 2016/08/15〜2016/08/20
8月の黒石市の夏まつり、黒石よされ写真コンテストで、主催した青森県の黒石よされ実行委員会が、最高賞の黒石市長賞を内定した後、一転して取り消したことが16日、分かった。内定後、作品に写った津軽手踊りを舞う少女は自殺した浪岡中学校2年の女子生徒=青森市=葛西りまさん(13)と分かり、内部から「波風を立てない方がいい」など異論が出て、再協議したという。撮影者と少女は顔見知りではない。

黒石よされ は、日本三大流し踊りの1つであり、古い伝統を持ち、毎年8月中旬、市民や県内外の観光客により夜遅くまで踊られます。黒石よされは、廻り踊り、組踊り、流し踊りの3つの踊りで構成されています。

maturi00.jpg

広告大手代理店「電通」に勤めていた高橋まつりさん=当時(24)=が、過労を苦に12月25日投身自殺
2015/12/25
昨年4月に電通に入社した高橋まつりさん=当時(24)は入退館記録から昨年10月が130時間、11月は99時間の残業をしていたとみられ、12月25日、住んでいた寮から投身自殺した。

2016/10/12
NHK総合 【首都圏ニュース845】
都内一時35万戸停電・東電施設で火事
きょう午後2時55分頃、埼玉県新座市にある東京電力の地下の無人の施設から火が出た。
現場では黒い煙が4時間近く立ち上ったが、消火活動の結果火は午後6時40分にほぼ消し止められた。
警察と消防によると、けが人の情報は入っていないという。
この火事の影響で、都内で一時最大約37万戸が停電、広い範囲で影響が出た。
西武鉄道の一部の路線と都営大江戸線が、一時運転を見合わせた。
停電はその後、午後4時25分頃までに復旧した。
この事態について東京電力は、午後7時半頃から会見し「お客様を始め広く社会の皆さまに大変ご不便ご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます」と謝罪した。
東京電力によると、地下にある送電線のケーブルを覆う絶縁体が何らかの原因で破損し、火災が発生したという。
警察や東京電力が、火事の原因を詳しく調べることにしている。

kaji.jpg
2016.10.12 15:48

祭りの宇都宮(栃木)の公園で連続爆発!元自衛官自殺 3人巻き添え
共同 2016/10/23

 宇都宮市本丸町の宇都宮城址公園(旧称は御本丸公園)で23日午前11時40分ごろ、爆発音がし「人が燃えている」と119番があった。栃木県警などによると、公園内で栗原敏勝元自衛官(72)=同市針ケ谷町=が焼死体で見つかったほか、2人が大ケガ、1人が軽傷を負った。遺体からは遺書が見つかり、同署は栗原元自衛官が自殺を図り、無関係の市民が巻き添えになったとみて、殺人未遂容疑を視野に調べている。

 祭りでにぎわう日曜日の公園に「バーン」という爆発音が響いた。近くのコインパーキングでも直前に爆発音とともに車が燃え上がる火災があり、周辺は一時、黒煙に包まれ、騒然となった。

 県警などによると、爆発は公園敷地内にある「清明館」北側ベンチ付近で発生。栗原元自衛官の遺体は爆発による損傷が激しく、ベンチ近くでバラバラになっていた。周辺には金属片が散乱。数十メートル離れた場所では、ひもでくくり付けられた筒2本が見つかり、県警が関連を調べている。長さ約60センチと約50センチで、直径はともに約6センチだった。

 左の靴下に遺書のようなものが挟まれており、氏名とともに「命を絶って償います」などと書かれていた。ズボンの後ろポケットからは財布や免許証などが見つかった。

 金属片が体に刺さるなどして大ケガを負ったのは同市のパート従業員田村光男さん(64)ら2人。軽傷は同市の中学2年の男子生徒(14)で、いずれも意識はある。

 一方、午前11時半ごろには、近くのコインパーキングで車両火災があり、複数の車が燃えた。ケガ人はなかった。うち1台は栗原元自衛官の名義だった。車の炎上後、コインパーキングから公園内の爆発現場に向かう男性の姿が目撃されており、この男性が、栗原元自衛官の可能性があるという。栗原元自衛官の自宅は同日午前、火災で全焼しており、県警は関連を調べている。

 栗原元自衛官は、かつて陸上自衛隊に勤務。教官も務めており、当時を知る上司は「仕事熱心だった」といい、近所の住民も「明るい人だった」と話した。地元住民らによると、陸上自衛隊でパイロットを志す学生に気象学を教えていたことがあった。10年以上前に、家族と共に宇都宮市針ケ谷町に移り住んだが、数年前から一人暮らしだったとみられる。

 妻と娘との関係に悩み、家庭裁判所の対応に不満を持ち、それをインターネットにつづっていたという情報もある。

 宇都宮城址公園は市の中心部にあり、東武宇都宮駅から南東約500メートル。付近には宇都宮市役所やビルなどが立ち並んでいる。爆発があった当時は「宇都宮城址まつり」が開かれていた。城にまつわる歴史紹介のほか、和太鼓などの演技が演じられていたが、爆発を受けて祭りは中止された。

kaji02.jpg
kaji03.jpg
posted by らかん at 11:01| Comment(0) | 気になるニュース

2016年02月22日

巨大地震が発生するという気味の悪い情報

鋸南町の気温は、6℃ 曇り
2016年2月22日(月曜日)

恐怖の地震兵器HAARP

ネットでは、今夜から明日にかけて巨大地震が発生するという気味の悪い情報が出ています。予知をおこなったのは、FMヨコハマで「ココロヒーリング」という番組のDJを担当している岡本マサヨシ氏らしいが、反響が大きくなったあと記事が削除されたらしい。
さらに、2016年2月18日、複数の都市に対して爆破予告のメールが送信されたようだ。
「爆破時間は2月22日月曜日の午後3時34分ナリ」
静岡県静岡市 2月24日に爆破を予告
千葉県佐倉市 2月24日15時に爆破を予告
静岡県浜松市 22日午後に爆破を予告
茨城県水戸市 22日15時34分に爆破を予告
神奈川県厚木市 22日15時34分に爆破を予告
栃木県栃木市 22日15時34分に爆破を予告
群馬県前橋市 22日15時34分に爆破を予告
山梨県甲府市 2月22日15時34分に爆破を予告
栃木県宇都宮市 2月24日15時34分に爆破を予告
徳島県徳島県庁 2月24日15時34分に爆破を予告
東京都足立区 2月24日に爆破を予告
千葉県千葉市 2月22日15時34分に爆破を予告
爆破予告と巨大地震の予言・・同じ組織が行っているのでしょう。予言して実行。
備えあれば憂いなし(皇太子徳仁親王誕生日は、2月23日)

2.22過去のできごと
1880年 - 横浜地震。日本における地震研究者の学会、日本地震学会が結成されるきっかけとなる。
1965年 - 北炭夕張炭鉱第一砿でガス爆発が起こり、61人が死亡。
2002年 - JR九州鹿児島本線海老津駅 - 教育大前駅間で列車衝突事故
2011年 - ニュージーランドでカンタベリー地震が発生。
posted by らかん at 10:07| Comment(0) | 気になるニュース

2016年01月22日

アマゾンがお坊さん便を発売

アマゾンがお坊さん便を発売

葬式は、要らない (幻冬舎新書)

渡来人の宗教である仏教が今、危機となっています。あまりにも儲け主義に行き過ぎたためでしょう。

「お坊さん便」格安以外の人気の理由。従来の葬儀と比較
「お坊さん便」の仕組み、価格は?
「お坊さん便」とは、49日や一周忌といった法事(法要)の際に、読経や法話を行なう僧侶を手配するサービス。サービスの内容と料金は、以下の通り。

・自宅もしくは墓地など一箇所での法要の場合:3万5000円
・自宅から墓地への移動など、2箇所で法要を行う場合:4万5000円
・移動はないが法要に加え戒名を授与する場合:5万5000円
・移動があり法要に加え戒名を授与する場合:6万5000円

手配は全国どこでも可。僧侶の紹介・手配手数料は無料。お車代・お膳料・心づけ不要。支払いはAmazonなのでワンクリックで注文できるし、クレジットカード支払い可。これ以上はない明朗会計で、なんともお手頃・お手軽である。
そもそもなぜ葬儀にお金がかかるのか?
「葬儀にはとてもお金がかかる」というのがこれまで多くの人が抱いてきたイメージだろう。日本消費者協会が葬儀費用について調査した報告(平成26年1月)では、葬儀費用の総額は全国平均で約189万円、最低額は20万円だが、最高額では800万円にものぼる。

内容と料金の内訳は、次の3つに大別される(同じく日本消費者協会調べ)。

葬儀費用一式…遺体搬送・通夜・葬儀式・告別式・火葬・骨上げ等:122万2000円
寺院の費用…読経料や戒名料など:44万6000円
飲食接待費用…料理や飲み物、会葬返礼品など:33万9000円
合計 188万9000円

葬儀に関する不明瞭な料金は人を困惑させるが、なかでもよくわからないのが@の葬儀費用一式と、Aの読経料や戒名料などだ。

急を要するので「言い値」になる
葬儀は急を要することが多いので、慌ててしまつて明細もよく見ずに、いわれるままに高額な葬儀費用を支払いがちだ。また病院や警察で紹介された葬儀社をそのまま利用することも多いため、料金比較の機会を失う。結果として高額の葬儀代がかかり、しかも大抵の場合、明細書や領収書の内容がかなり大雑把なので、利用者の不信を買ってしまう。

そうした事態を避けたいからこそ、「お坊さん便」をはじめとした格安で料金が明確な葬儀サービスが注目を集めているのだろう。

「お坊さん便」だけではない格安葬儀
実は格安葬儀は「お坊さん便」だけでなくいろいろと登場している。また、すでに一括見積もりサイトも存在する。代表的なサービスとその内容をいくつか紹介しよう。

◯シンプルなお葬式:お葬式なら格安葬儀.net/?
その名の通り、超格安シンプルプランを網羅。追加費用なしのすべてコミコミ定額プランなので安心できる。火葬式 14万8000円〜

◯小さなお葬式:http://www.osohshiki.jp
こちらも追加費用一切なしのコミコミプラン。追加費用が発生した場合の返金保証もある。火葬式 18万8000円〜

比べる葬儀
業界では珍しい「葬儀の一括見積りサイト」。1回の入力で最大10社の見積りが取れる。
格安葬儀は、いずれも相場の1/10ほどの金額をうたっている。こうしたサービスに対して、とくに仏教会からは「宗教はビジネスではない」、「葬儀は営利目的ではない」といった反発の声が上がっている。しかし、営利目的でないなのなら、なぜ明細が不透明で、なおかつ不自然に高額なのか。説得力は薄い、といわざるをえない。
また、寺院や檀家を持たないいわゆる“マンション坊主”からも、格安葬儀を歓迎し登録を急ぐ僧侶が増えているという。
一部の反発はありながらも、需要と供給の両面から、こうした格安葬儀の利用は、今後ますます広がっていくに違いない。

歌の歌詞でも、言っています。お墓に私はいません、と。
千の風になって

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

あの大きな空を
吹きわたっています

アマゾンの「お坊さん便」に波紋 宗教行為の商品化VS開かれた寺

アマゾンに出品された「[お坊さん便]法事法要手配チケット」の画面。菩提寺のある人は利用できないという
インターネット通販大手、アマゾンジャパンを通じた僧侶の派遣サービスが始まり、波紋を広げている。「定額で手軽に僧侶が呼べる」と好意的な意見がある一方、仏教界は「宗教行為を商品化している」と批判。社会の変化により宗教とビジネスの線引きは曖昧になってきている。(中井なつみ、戸谷真美)

◆金額が明瞭

「[お坊さん便]法事法要手配チケット 3万5千円」。アマゾンのサイトに昨年12月8日、登場した「お坊さん便」は、ネットを通じた葬儀サービス事業などを行う「みんれび」が、利用者の拡大と利便性の向上を目指して出品した。

売買されるのは法事や法要への僧侶手配のチケットで、アマゾンやみんれびの手数料を除いた金額が、実質的な「お布施」として僧侶に支払われる。料金には交通費やお膳料、読経、法話などが含まれるほか、7宗派に対応し、ほぼ全国に派遣可能。支払い審査に一定の時間がかかるため、葬儀には対応していないという。

みんれびは自社サイトで同様のサービスを平成25年から行っている。父親の四十九日法要と納骨供養で「お坊さん便」を利用した神戸市の女性会社員(50)は「金額が明瞭で安心できる。時代に合ったサービス」と評価する。

核家族化などの影響で菩提(ぼだい)寺との関係が希薄になり、明確な基準がない「お布施」など葬儀に関わる金銭トラブルは増加。国民生活センターによると、平成26年度の葬儀サービスに関する相談は724件で、22年度に比べ約100件増えた。

こうした中、5年ほど前からみんれびのように、サイトで料金を明示し、僧侶を手配するサービスが相次いで登場。利用者も増え、みんれびでは26年の受注件数が前年の3倍に伸びたという。

◆仏教界は批判的

一方、仏教界では料金の明示に批判的な声が根強い。消費者への影響が大きいアマゾンでのサービス開始を受け、全日本仏教会は先月24日、斎藤明聖(あきさと)理事長名で「お布施は、サービスの対価ではない。諸外国の宗教事情をみても、このようなことを許している国はない」などとする内容の談話を発表。近く米アマゾン本社とアマゾンジャパンに対し、文書による申し入れを行う予定だ。

これに対し、アマゾンジャパン広報は「コメントは差し控える」。みんれびの広報担当者は「費用の明示が利用者の不安解消につながると考えている。寺院と人々との縁を再び結ぶきっかけになれば」と説明する。

お布施の金額をめぐっては、流通大手のイオン(千葉市)が22年に始めた寺院紹介サービスで、ホームページにお布施の金額を明示(現在は「目安の一例」として表示)し、仏教会が抗議した経緯がある。ある僧侶は「あのときから何も変わっていない。守らなければならない伝統はあるが、寺も時代の流れと無縁ではいられない」。みんれびに登録する曹洞宗見性院(けんしょういん)(埼玉県熊谷市)の橋本英樹住職(50)は「葬儀が簡素化し、経済的に苦しい寺も少なくない。敵対するよりも、サービスを活用して多くの人に接し、一般の人に開かれた寺にする好機」と話す。

こうした現状に対し、「お寺の経済学」などの著書がある慶応大の中島隆信教授(応用経済学)も「企業が明朗会計を打ち出して葬儀関連ビジネスに参入するのは当然の流れ。仏教界は多くの人がお寺との付き合いをしなくなってきた現実を見つめるべきだ」と指摘している。
タグ:葬儀、戒名
posted by らかん at 21:12| Comment(0) | 気になるニュース