2015年12月09日

宿泊できる道の駅 保田小学校

鋸南町の気温は、10℃ 晴れ

いよいよ道の駅保田小学校が完成です。そして、11日オープンです。

10.jpg

9.jpg

12091.jpg

12092.jpg

12093.jpg

8.jpg

satonoyu.jpg
(お風呂)

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

カマス、寒ブリ、生メジマグロ、車エビ、シロメ昆布〆、ホウボウ、皮ハギ、カンパチ、真鯛、花鯛、金目鯛、ヒラメ、サワラ(金谷産)、アジ、いわし、コハダ、地たこ、いか、サバ、アナゴ(羽田沖)、サザエ、アワビ、自家製玉子焼き(有精卵使用)(ウニ、赤貝、イクラ醤油漬け、マグロズケ、トロ他)

mejihara.jpg
(メジマグロ最高に美味!)

らかん寿し松月
※12月19日は、都合により休業いたします。

-------------------お知らせ--------------------------------------
※道の駅保田小学校オープン 12月11日(水)午前10時より午後6時まで
10時5分〜餅まき大会
10時30分〜、13時30分〜(市井原獅子舞、神楽舞披露)
11時30分〜、14時30分〜(南房総キャラクター大集合)
12時〜、15時〜(いのしし肉のボタン汁振舞(無料)
posted by らかん at 09:41| Comment(0) | 鋸南地域のイベント

2015年10月18日

頼朝まつり(きょなん町)

鋸南町の気温は、21℃晴れ爽やかな日です。

本日18日(日)は、頼朝まつりオープニングイベントが佐久間ダムで開催されます。天気も良いので是非お越し下さい。(開催期間:平成27年10月18日〜12月19日)

yoritomo (1).jpg

【オープニングイベント】
10月18日(日)
12時30分より 佐久間ダム親水公園にて
※甲冑隊お披露目(佐久間ダムで開催されるBBQ大会でお披露目)
※頼朝紙芝居
14時〜3時 頼朝上陸地にて鋸南町竜島165番地
※甲冑隊写真撮影会(申し込みは不要)

【メインイベント】
12月19日(土)※荒天の場合はイベント内容変更あり
午後1時30分〜道の駅「保田小学校」
※甲冑行列
※七姓劇
※戦勝祈願 他

●頼朝ガイドツアー 12月19日(土)
●頼朝ハイキング 12月19日(土)

(詳しくは、事務局:鋸南町地域振興課まちづくり推進室 電話:0470-55-1560へ)
皆さん!遊びに来てくださいぴかぴか(新しい)

yori.jpg

本日の寿司種です。(入荷状況によって早めに無くなるものもございます)

ヤガラ、アカムツ、カンパチ、アカザエビ、真鯛、花鯛、金目鯛(又木)、黒むつ、ヒラメ、サワラ、アジ、きす昆布〆、いわし、コハダ、地たこ、いか、タチウオ、サバ、アナゴ(羽田沖)、アサリ、サザエ、アワビ、自家製玉子焼き(有精卵使用)(ウニ、赤貝、イクラ醤油漬け、マグロズケ、トロ他)

osusume406.JPG

※店主お勧め寿司をご注文のお客様には、店主から寿し1個プレゼント中です!
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。
posted by らかん at 09:13| Comment(0) | 鋸南地域のイベント

2015年09月26日

鋸南町汚染土問題の資金源はケミカルグラウト(株)

鋸南町汚染土問題は、鹿島建設(株)のグループ企業、ケミカルグラウトが実質の担当者となり進んでいます。福島汚染土問題を担っている企業です。鋸南町に搬入される汚染土は?

(汚染土埋立反対協議会会報より)

莫大な資金は、施設を担保にすることで、ケミカルグラウトが(株)が立替払いする。
汚染土壌処理施設設置事業費用は、56億7000万円。

鋸南開発(株)と施設建設の施工会社ケミカルグラウト(株)は平成26年3月14日付けで【工事立替払いに伴う覚書き】を交わしている。
この覚書きには、工事の請負条件として、工事費用の支払いは鋸南開発(株)ではなくケミカルグラウト(株)の立替払いとすることが示されています。

また、立替金の支払いは「鋸南開発(株)の毎月の搬入量に基づき行われ、ケミカルグラウト(株)には処理場の埋立使用権35万uが保障され、不測の事態の保障として処理場の土地の抵当権を担保する」となっている。
-------------------------------------------------
ケミカルグラウト(株)
http://www.chemicalgrout.co.jp/

東京電力福島第一原子力発電所の汚染水対策工事のうち、とりわけ注目を集めるのが凍結工法による巨大な遮水壁の建設です。

凍土施工の国内最大手は環境工事専門会社の精研(大阪市)で、約8割の圧倒的なシェアを持つ。それに次ぐのは鹿島の子会社、ケミカルグラウト(東京・港)で、シェアは約2割。凍土施工の国内市場はこの2社がほぼ押さえている。

※地盤凍結工法は、19世紀に英国ウェールズの鉱山用立坑施工で初めて採用され、欧米で普及。国内では、1959年に精研が京都大学防災研究所と共同基礎研究を開始、62年に大阪府守口市の水道管敷設工事で同社が初めて実用化した。その後、精研は清水建設や西松建設、前田建設工業をはじめ多くのゼネコンと組んで、東京湾横断道路のトンネル工事などで凍土施工を手がけた。

前代未聞「凍土遮水壁」の成算
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/const/news/20140325/656430/?P=1
posted by らかん at 07:27| Comment(0) | 鋸南地域のイベント