2016年06月01日

道の駅保田小学校、開校後の評価3

鋸南町の気温は、22℃ 曇り

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

コハダ、アジ、コチ、カマス、サワラ、カレイ、ヒラメ昆布〆、黒ムツ、生トリ貝、イワシ、サザエ、タチウオ、甘鯛、花鯛、真鯛、金目鯛、カツオ(勝浦産)、地たこ、アオリイカ、ヤリイカ、アオヤギ、煮アナゴ、煮ハマグリ、赤貝、自家製玉子焼き(有精卵使用)、ウニ、イクラ醤油漬け、マグロ他

tensyu.JPG
(店主お勧め寿し、3000円(税別))
金目鯛、真鯛、甘鯛昆布〆、黒ムツ、花鯛、カレイ、タチウオ、カマス、サザエ、穴子(他に店主お勧め寿し1貫サービス中です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます。

道の駅保田小学校が開校してから、半年経ちました。TVで扱ってくれるので、週末は混雑しています。
ただ、市場で扱っている野菜や花はまだまだ充実しているとは言えないようです。

開店時間に行った人の感想は、荷物が揃っていない状態で買う物が無かった。というものが多いです。
当日、新鮮な野菜を搬入してからの販売ですから、何か工夫が欲しいです。富山町の富楽里は、開店時間前には人が並んでいる状態でも、欲しいものが手に入るので何度でも通うのでしょう。早めに行っても手に入らないとなると、次は行かなくなります。品物の売れ行き状態を販売者のスマホなどに通知するシステムは導入されているのでしょうか??連絡がスムーズなら野菜を足す等ができると思います。

良い評価も聴こえてきます。野菜が安い。花が安い。お客様が期待し求めているのは新鮮な野菜等が手に入れられるという事のようです。

また、廃校利用となっていても、かってあった学校の面影が感じられないというものが多いです。新しい建物ではなく、懐かしい木造の学校をイメージされる方が多いようです。建物は廃校以前に手直しされていますから、すでに木造では無かったので仕方がないですが、せめて、校内での食事処で昔の学校給食の再現メニューや、学校でのかってのイベント(マラソン大会、運動会、遠足、学芸会、書初め、百人一首等)を何かしら月間イベントで開催するなどの工夫も良いと思いますが・・、常に人を呼びこむ工夫が欲しいところです。
ご来場の皆様も、是非アイデアをお聞かせ下さい。よろしくお願いします。

新・公民連携最前線 PPPまちづくり
学校の面影残す改修で 都市から人を呼び込む
フォーカス建築 鋸南町都市交流施設・道の駅保田小学校(千葉県鋸南町)
松浦 隆幸=ライター【2016.3.3】

人口減少で廃校になった小学校が交流拠点に生まれ変わった。 高速道路のインターチェンジ近くにあり、「道の駅」としての機能も併せ持つ。 極力、手を加えず、懐かしい学校の面影を残した改修で人を呼び込む。

発注:鋸南町 設計:N.A.S.A.設計JV(アーキテクチャーワークショップ、空間研究所、設計組織ADH、ナスカ) 施工:東海建設

01_t.jpg
2階建ての旧校舎に沿って増築された「まちの縁側」(地上2階)。ギャラリーなどに使える多目的スペースで、昼間は自由に出入りできる。そのままの状態で残した旧校舎の内部は宿泊室に改修。夜間、まちの縁側は宿泊者専用のスペースとなる(写真:吉田 誠)

 旧校舎の2階外壁に沿って、サンルームのようなガラス張りの空間が増築されている。「まちの縁側」と名付けられたこの空間には、学校の備品である平均台や木製机が置かれ、傍らの壁には大時計や校章がそのままの状態で掛かっている。

 2013年度末で廃校になった千葉県鋸南町の小学校の建物が、15年12月に「鋸南町都市交流施設・道の駅保田小学校」として生まれ変わった。人口減少の進む鋸南町が、地域と都会との交流を促す拠点として整備した。産直マーケットや飲食・物販店舗、宿泊室、入浴施設などが入り、道の駅としての顔も併せ持つ。

 「小学校らしさを魅力として打ち出しつつ、地域と都市を結ぶ拠点となる新しい要素を埋め込んだ」。そう説明するのは、改修設計を担当したN.A.S.A.設計JVの幹事会社を務めたナスカ(東京都新宿区)の古谷誠章代表だ。同社のほか、アーキテクチャーワークショップ(東京都港区)、空間研究所、設計組織ADH(以上、東京都新宿区)の4社で構成する設計JVは、13年10月に町が実施した設計プロポーザルで、改修設計者に選ばれた。

構造の縁を切って増築

 施設は大きく校舎棟と体育館棟の2つに分かれる。鉄筋コンクリート(RC)造・2階建ての校舎棟は、教室の気配を残しながら改修。一部を減築する一方、既存建物の南面に沿って、奥行4.2m、長さ約70mの増築部を鉄骨(S)造でつくった。増築部の2階にある「まちの縁側」は、誰でも入ることができる多目的スペースで、1階はピロティとなっている〔写真1〜3〕。
〔写真1〕建物南面に70mの増築
02_t.jpg
建物の南面に沿って約70mの増築部が続く。建物の手前は、子どもが走り回って遊べる広場とした。既存の校庭にあった植栽の一部も移植。伐採した木の丸太をベンチにしている(写真:吉田 誠)

〔写真2〕地元の有力店が出店
03_t.jpg
ピロティ沿いの建物内には、飲食や物販の地元有力店がテナントとして出店。フランチャイズや有名店としなかったのには、地域内の交流を深める目的もある(写真:吉田 誠)

〔写真3〕旧校舎は耐震補強済み
04_t.jpg

改修前の校舎はRC造・2階建て。耐震補強を実施済みだった(写真:N.A.S.A.設計JV)
05_t.jpg
2015年12月9日の竣工式に参加した設計JVの4社の代表。左から古谷誠章(ナスカ代表)、篠原聡子(空間研究所代表)、北山恒(アーキテクチャーワークショップ代表)、八木佐千子(ナスカ代表)、渡辺真理(設計組織ADH代表)の各氏。もう1人の木下庸子氏(設計組織ADH代表)は欠席(写真:松浦 隆幸)

「校舎のままの外観だと、訪れた人が足を踏み入れにくい。親しみやすい中間領域を設けることで入りやすくした」。設計JVのアーキテクチャーワークショップの北山恒代表はそう説明する。既存校舎は耐震補強されていたが、新たな荷重を加えないように、増築部はエキスパンション・ジョイントで構造的に縁を切った。

改修した校舎棟の内部は、1階が飲食・物販のテナントやギャラリー、道の駅の情報コーナーなど。2階は12室の宿泊室だ。また、校舎棟の東端にも、もう1つS造による増築部があり、入浴施設が入る〔写真4〜7〕。

06.jpg

07_t.jpg
千葉県南部の内房地方を走る富津館山道路の鋸南保田ICの目の前にある。災害発生時の避難所としての機能も持つ(写真:吉田 誠)

一方の体育館棟は、鉄骨の躯体を部分的に補強し、仕上げを一新して産直マーケットとした〔写真8〕。
08_t.jpg

設計に苦心した用途変更

 「学校から用途変更する設計は、複数の法規制を乗り越えなければならない難しさがある」。ナスカの八木佐千子代表はそう打ち明ける。特にハードルが高いのは、防耐火性能など火災発生時の安全を確保する設計基準だ。この施設で新設した宿泊施設や、複合用途の建物に対する設計基準は、小学校よりも厳しい。

 既存の校舎は準耐火建築物だったが、改修後の校舎棟は耐火建築物だ。耐火性能を上げたのは、2階に宿泊室を設けたためだ。千葉県の建築基準法施行条例は、2階の床面積の合計が500m2を超える宿泊施設は耐火建築物とするよう定めている。

 耐火の改修はコストアップ要因となるので、設計当初は、宿泊施設を500m2以下に収める道を探った。しかし、増築する入浴施設も宿泊施設の一部とみなされるなど、道は険しかった。既存の教室を2つに割った宿泊室は、天井裏のRCスラブまで届く1時間耐火の間仕切り壁で仕切るなど、耐火建築物の基準を満たす設計で改修した。ほかにも、内装制限による仕上げ材の不燃化や、2カ所の階段室の撤去による異種用途区画など、改修後の用途の基準を満たすために設計で苦心した点は多々ある。

 「宿泊施設は、学生のクラブ活動の合宿にも使える。様々なイベントも打ち出して、都市から人を呼び込みたい」。施設運営を受託した共立メンテナンスPKP事業本部の大塚克也ディレクターはそう話す。同氏はこの施設の「校長」と「駅長」を務める。

 施設を整備した鋸南町総務企画課企画財政室の安田隆博主査は、「利用者が何度も足を運び、町に愛着を持ってもらえるようにしていきたい。鋸南に移り住んだり、都市との2拠点居住を始めたりする人が出てくれば地域が元気になる」と期待する。

09_t.jpg

●鋸南町都市交流施設・道の駅保田小学校

所在地:千葉県鋸南町保田724
主用途:飲食・物販店舗、簡易宿泊所、事務所、公衆浴場、公衆便所ほか
地域・地区:都市計画区域・準都市計画区域外、法22条区域
建蔽率:18.69%(指定なし)
容積率:24.49%(指定なし)
前面道路:南14.4m
駐車台数:142台
敷地面積:1万4235.50m2
建築面積:2660.14 m2(改修前2708.91m2)
延べ面積:3486.73m2(改修前3556.03m2)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
階数:地上2階
耐火性能:1時間耐火建築物
基礎・杭:地盤改良
高さ:最高高さ8.94m(校舎棟)・11.5m(体育館棟)、軒高8.54m(校舎棟)・7.42m(体育館棟)
主なスパン:4.25×2.4m(校舎棟)、3.4×3.3m(体育館棟)
発注者:鋸南町
設計・監理者:N.A.S.A.設計JV(アーキテクチャーワークショップ、空間研究所、設計組織ADH、ナスカ)
設計協力者:オーク構造設計、江尻建築構造設計事務所(以上、構造)、設備計画(設備)、東京大学生産技術研究所馬郡研究室(環境アドバイザー)、アッシュガーデン(植栽園芸アドバイザー)
施工者:東海建設
施工協力者:鈴木工務店(テナント内装)、千葉精工エンジニアリング(空調)、アクト冷熱工業(衛生)、幸洋電設(電気)、坂口工業(鉄骨工事)、藤江木工所(木工事・家具)、協立工業(テント)、celia(サイン)、石渡造園(造園)、石井園芸(園芸)、オシダリ(屋外木製家具)
運営者:共立メンテナンス
設計期間:2013年12月〜15年2月
施工期間:2015年2月〜11月
開業日:2015年12月11日
設計・監理費:7344万円
総工費:9億5806万8000円(建築3億7196万4888円、空調機械4297万4731円、給排水衛生2857万7121円、電気6179万270円、昇降機791万円、解体工事928万9846円、共通設備1億29万8674円、外構1億1976万8059円)
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。
posted by らかん at 09:55| Comment(0) | 道の駅 保田小学校

2016年01月05日

道の駅 保田小学校の開校後の評価2

鋸南町の気温は、10℃ 晴れ 日中は15℃まで上がる予報です。
2016年1月5日(火曜日)
旧暦:2015年11月26日 赤口

保田小学校道の駅

開校から、3週間ほど経ちました。
当店に来店された方の道の駅に対しての声です。

質問)宿泊時に水道が温水が出なく不便とのご指摘ですが、インフォメーションにて確認しました。答え)保田小学校道の駅の開校時の事業コンセプトは、農林水産省の農山漁村活性化プロジェクト支援交付金の支援を受け、廃校を新たな「コミュニティの核となる施設」として再生します。ということで、小学校をそのまま再生させるのが目的なので、水道は小学校時のまま利用する、という事です。学校の生活を味わって欲しいということです。
mizu.jpg

開校当時はTVの影響もあり、じっくりゆっくりと過ごせなかったり、または混雑で駐車場に入れなかったりと不便を多く感じたので低評価が多かったようですが、前よりは良い評価も聴こえてきました。

何も無かった町に明るい大きな建物があるだけでワクワクする。盆栽や枝物が安くて嬉しい。ご当地のものでなくても品が多いのは良い。
hana.jpg

厳しい意見も多々ありました。
道の駅保田小学校にしか無い、一点ものを販売しないとここを目指すことは無い。駐車場に出入りに誘導する人がいないと見晴らしが悪いので危険を感じる(誘導する人がいると思ったが?たまたま居なかった?)、もっと出入り口を広げた方が良い。

要望もありました。
野菜を売っている場所で、食べ方やその野菜を使った料理方を教えてもらえると購入しやすい等です。

道の駅利用者の方は、様々な場所の道の駅を利用されているので、色々な声が聴けて勉強になります。
道の駅に対して利用者側は、何を期待しているのか?によって評価が分かれるのだと思います。

そもそも道の駅の役割は何か?

トイレ、休憩施設、道路情報などが提供されている、行政の窓口機能(住民生活への災害等の情報提供など)となる。地域福祉の拠点としての診療所や地域交流など地域住民サービスが提供される所である。山間地の高齢世帯への宅配機能やコミュニティバスの結節点となる。地域防災機能の拠点となる、など。(国土交通省のHPより)

保田小学校の場合は、地域防災機能の拠点としてはクリアーできると思っています。また、町には買い物する場所が少ないので、赤バス、青バスを使っての利用は非常に良いと思います。出来れば本数が増えると利用者にはもっと有り難いでしょう。鋸南町営循環バス時刻表.pdf

miti0.jpg
(保田小卒業の娘がこの階段の手すりを見て懐かしい〜と言っていました)
是非、卒業生の皆さんが様々な思い出をこの道の駅で見つけ、この地に集って欲しいです。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

甘鯛、真鯛、金目鯛、寒ブリ、車エビ、カワハギ、シロメ昆布〆、花鯛、ヒラメ、サワラ(金谷産)、アジ、いわし、コハダ、地たこ、いか、サバ、アナゴ(羽田沖)、サザエ、アワビ、自家製玉子焼き(有精卵使用)(ウニ、赤貝、イクラ醤油漬け、マグロズケ、甘エビ、トロ他)
sirome3.jpg
(シロメバルの昆布〆、人気です!)

皆様のご来店をお待ち申し上げます。
posted by らかん at 09:51| Comment(0) | 道の駅 保田小学校

2015年12月25日

道の駅保田小学校の開校後の評価?

鋸南町の気温は13℃ 晴れ 日中は16℃まで上がる予報です。
2015年12月25日(金曜日)
旧暦:2015年11月15日 先勝

保田小学校道の駅が開校してから2週間が経ちましたが、当店にお見えになるお客様から評価が聴こえてきます。
まず、低評価の声が多いのが残念です。魅力が無い。一度行けばもう行かない。お土産物が他の道の駅と同じ。地域のものが無い。買いたいものが無い。鴨川方面へ行く信号機で車の渋滞が発生して駐車場に入れない。宿泊したご夫婦の話では水道水のお湯が無いのは辛い、部屋から一旦外に出ないと入浴が出来ず残念などでした。

また、高評価だったのは、野菜が新鮮で良い。野菜が安くて良いなど。

まだ、2週間なので、お客様からの声をしっかりと受け止めて良い方向へ改善していくことが大切だと思われます。12億1千万という金額を国から出してもらったのですから皆様に愛される道の駅を目指したいと思います。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

タチウオ、寒ブリ、車エビ、シロメ昆布〆、皮ハギ、真鯛、花鯛、金目鯛、ヒラメ、サワラ(金谷産)、アジ、いわし、コハダ、地たこ、いか、サバ、アナゴ(羽田沖)、サザエ、アワビ、自家製玉子焼き(有精卵使用)(ウニ、赤貝、イクラ醤油漬け、マグロズケ、トロ他)

madai1.jpg
(マダイ、上品な脂がのり、非常に甘く美味しいです。)

mdaihara.jpg
(マダイ寿し、今が一番美味しい時期です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます。
posted by らかん at 09:24| Comment(0) | 道の駅 保田小学校