2019年01月30日

天然クロアワビの共肝のせ!軟らかく仕上がっています。

鋸南町の気温は1℃ 晴れ

クロアワビ(黒鮑)

アワビはワカメやカジメなどの海藻をエサにするので、海藻の栄養素がそのまま凝縮されてアワビの栄養分となります。昨年は餌のカジメが少なく、あまり大きくは育ちませんでしたが、蒸したクロアワビに、じっくりと煮たアワビの肝で供します。軟らかく蒸しあがったアワビは優しい磯の香が広がり味わいは絶品です。

20170731_080107_470.jpg

鮑は、低脂肪・高たんぱく・低コレストロールで低カロリー、ミネラル類が豊富(銅、亜鉛、鉄分、マグネシウム)で、コラーゲンが非常に豊富です。さらに、タウリン、カリウム、ビタミンA・B・Cが豊富に含まれてまさに栄養の宝庫です。

20170731_080135_470.jpg

貝の身の固さがコラーゲンの多さと比例すると言われます。アワビの身は特に固くコラーゲンが多い理由です。コラーゲンには、皮膚などを若々しく保つ働きや、骨を丈夫に保つ働きがありますから、老化予防には最高の食材です。

20161212_152848_470.jpg

中国では、秦の始皇帝がアワビの殻を不老長寿の妙薬としていた。楊貴妃が美容のために好んでアワビを食べていた等の伝説があります。また日本でも、平将門、織田信長、徳川家康や卑弥呼は好んでアワビを食べていたといわれます。

現在お祝いごとに使われる熨斗袋(のしぶくろ)の「熨斗」は、もともとはあわびを薄く裂いて乾燥させた物で、アワビは古くから慶事には欠かせないものでした。

アワビも養殖が盛んですが、餌として、褐藻類、人工飼料やアラメ等を与えて養殖しますが、人工飼料与えて育てると殻が青〜緑色のエメラルドグリーンになり成貝になってもこの色が消えないので養殖アワビとわかります。天然アワビの殻は青光りはしません。

20160130_102913_470.jpg

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

本ミル貝、ホウボウ、タチウオ、ヤガラ、クロムツ、シマアジ、甘鯛、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、アワビ、サザエ、ハマグリ、アジ、タコ、シメサバ、イワシ、コハダ、アオリイカ、ウニ、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(LO;7時30分)
※定業日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。
※午後7時以降のご来店はご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。
posted by らかん at 08:05| Comment(2) | 本日の寿司種

2019年01月27日

ミルガイ(海松貝)が入荷しました!!

鋸南町の気温は4℃晴れ

ミルガイ(海松貝)
マルスダレガイ目バカガイ科

東京湾のミルガイが本年初入荷しました。コリコリとした食感と優しい甘みがあります。代用品として使われるのは、通称「白みる(白ミル)」のナミガイです。白ミルも味は悪くはないですが、本ミルの方が美味しいです。

IMG_20190126_093111_470.jpg

ミルクイ(ミルガイ)は、日本全国に生息していますが、主に瀬戸内海や三河湾、東京湾などの内湾の砂泥底に生息しています。日本産のミルクイは減少し今では高級食材になっています。一般に流通しているミルクイのほとんどは中国や韓国からの輸入物です。

IMG_20190126_092610_470.jpg

ミルクイ「海松食」の名は、水管部分にミル(海藻)がついているものがあり、その様子がミルを食べているように見えるためです。

IMG_20190126_092852_470.jpg

IMG_20190126_092752_470.jpg

西施舌(せいしぜつ) 〈ミルクイを西施舌という。西施は中国春秋時代の越の美女の名である。河豚(白子)を西施乳という。〉『たべもの語源辞典』より

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

本ミル貝、ホウボウ、タチウオ、ヤガラ、クロムツ、シマアジ、甘鯛、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、アワビ、サザエ、ハマグリ、アジ、タコ、シメサバ、イワシ、コハダ、アオリイカ、ウニ、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(LO;7時30分)
※定業日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。
※午後7時以降のご来店はご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。
タグ:ミルガイ
posted by らかん at 08:19| Comment(0) | 本日の寿司種

2019年01月26日

サバ(金谷産)に脂がのって旨い!

鋸南町の気温は6℃ 曇り
※1月26日午後1時50分まで貸し切りです。

サバ(鯖)
スズキ目サバ亜目サバ

金谷産のサバが大好評です。この居着きのサバは脂がのって大変美味しいです。

20181027_091322_470.jpg

サバの栄養価は、骨の発育に必要なビタミンDや皮膚炎や舌の炎症等に効くニコチン酸が光り物の中でも特に多いです。

さば_470.jpg
(金谷産マサバ)

サバという呼び名は日本全国どこでも通じますが、日本近海で獲れるものにはホンサバ(マサバ)、ゴマサバの二種があり、二つを区別するため対照的な別名がつけられています。関東はマサバ、ゴマサバと呼んでいます。

20181027_091352_470.jpg

静岡、兵庫、高知、九州西南部などでは、ヒラサバ(ホンサバ)に対してマルサバ(ゴマサバ)。島根ではソコサバ(ホンサバ)に対してウキサバ(ゴマサバ)などと呼んでいるところがあります。その他、ホンサバの別名としては、富山でサワ、長崎ではヒラス、ゴマサバの別名としては、山陰方面でホシサバ、ホシグロ、コモンサバといった呼び名もあげられます。

本日入荷の寿司種です。(入荷が少ないものは、早めに無くなるものもございます)

ホウボウ、タチウオ、メジマグロ、ヤガラ、クロムツ、シマアジ、甘鯛、花鯛、真鯛、金目鯛、煮アナゴ、アワビ、サザエ、アジ、タコ、シメサバ、イワシ、コハダ、アオリイカ、ウニ、自家製玉子焼き、他
(魚介は全て天然物です)

皆様のご来店をお待ち申し上げます

※営業時間:午前11時〜午後8時30分(LO;7時30分)
※定業日:毎週木曜日
※休祝日・連休・お盆期間中はご予約の方を優先させていただきます。
※午後7時以降のご来店はご予約をお願いします。
らかん寿し松月HP
ご予約はこちらからお願します。
お急ぎの場合は、電話でご予約をお願いします。(メールでの返事は時間が掛かります。ご了承ください)
TEL:0470(55)1004
Facebookもよろしくお願いします。
posted by らかん at 09:55| Comment(0) | 本日の寿司種